小松お旅まつり 2014 その6 絵本太功記十段目 尼ケ崎の段②

c0196076_23494347.jpg

  入るや月漏る片庇、ここに刈り取る真柴垣、
  夕顔棚のこなたよりあらわれ出でたる武智光秀・・・

凄みをはらんで光秀<が、藪の中からが登場します。

この女の子、すごくいい目をしてました!
ドラマに出てくる品のない落語家の光秀の1000倍よかったです・・・。





c0196076_2035422.jpg

こっそり久吉を追ってきた光秀は、
さつきの住む庵以外に逃げ場はないとみて、竹槍を作り・・・

c0196076_4261268.jpg

障子越しに突きますが・・・。

c0196076_2013731.jpg

竹槍で刺したのは久吉ではなく、なんとわが母・・・。

c0196076_4264013.jpg

うろたえる光秀に・・・

c0196076_20215559.jpg

母さつきは、これは天罰だと諌めます。

c0196076_42769.jpg

  これ見給え、光秀殿

とみさお。  


  せめて母ごのご最期に、
  善心に立ち帰ると、たった一言聞かしてたべ

c0196076_4412280.jpg

折りしも、そこへ十次郎が戦場から深傷を負って戻り、
味方の敗北を報告します。

c0196076_2218599.jpg

  親人、ここに御座あっては危うし、危うし。
  一時も早く本国へ、サッ、早く・・・

c0196076_22111222.jpg

深手を屈せず父親を、気遣う孫の孝行心。
聞く老母は聞きかねて

  あれを聞いたか嫁女。
  その身の手傷は苦にもせず。
  極悪人の倅をば、大事に思う孫が孝心。
  ヤイ光秀、子は不憫にはないか。
  可愛いとは思わぬやい

c0196076_21445387.jpg

母と息子が静かに息を引取ります・・・。

さしもの光秀も肩を震わせて慟哭します・・・。

c0196076_4414127.jpg

c0196076_445289.jpg

進退窮まった光秀・・・

久吉の陣鐘が鳴り響き、
佐藤正清(加藤清正)と久吉(秀吉)とが現れます。

c0196076_4592035.jpg

久吉は、襲いかかろうとする光秀・・・

c0196076_7444525.jpg

  ただ一戦に駆け崩さん

c0196076_75316.jpg

天王山において雌雄を決しようと
再会を約してわかれます。

c0196076_6403838.jpg

光秀と妻みさお、息子十次郎を演じるのは、
同じ小学5年生の女の子。
母みさおは年下の3年生(笑)
・・・なんと加藤清正との一人二役でした!
by dendoroubik | 2014-06-02 15:30 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/22226435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goodroads at 2014-06-15 18:31
スマホやゲームで遊んでいる小学生ばかりかと思いきや・・・・伝統芸能を演じる小学生、なんかホッとする心持もと同時に~きっと、日々かなりの練習もするのでしょう・・・脱帽する心持もあります。

それが隣県の石川の小松とは・・・・
良い機会をまたまた逸してしまったようです(悲)
Commented by すぺいん人 at 2014-06-15 22:12 x
昼間と夜だと雰囲気が随分変わりますが、どちらも良いですね~♪♪♪
1枚目のお写真は役者絵で有りそうです♪(^^*)

光秀、出てきて笠を取った瞬間に、小学5年生の女の子であることをすっかり忘れてしまいました☆
本当に良い目をしてましたね~♪

十次郎も華が有って素晴らしかったし、皐月と正清の2役も良かったですね☆(千秋楽、皐月役の子は出番前に泣いてたんですが、芝居が始まるとしっかりと役に入ってました!)

「太十って話的に重たいしどうなんかな~?」って思いながら見たんですが、彼女たちの熱演のおかげでしっかりと楽しませて貰えました♪♪♪
Commented by dendoroubik at 2014-06-15 22:31
☆Tomさん

小松へ行かずとも貴地にも砺波に
すばらしい子供歌舞伎があるじゃないですかっ!

今年の4月29日 お伺いしました
はじめて市川団四郎師匠が演出をされ
大満足の日帰り遠征でした(笑)

即時充足的なスマホやゲームを与えるよりも
人を喜ばせたり感動されることのすばらしさを
大人たちは子供に教えるべきですね~
Commented by dendoroubik at 2014-06-15 22:40
☆すぺいん人さん

自宅が坂本城址に近かったりもして
明智光秀は とても思い入れのある人物だったりします
・・・なので この話は あんまり好きな方でもないのですが
女の子たちの熱演には そんなことも忘れて大喝采でした(笑)

出町で隣合わせた方が小松の方で
お旅まつりでも再会
その後 三国祭でも偶然 すれ違ってお話をしたのですが・・・

その方は連日 お旅まつりへ通われたそうで
千秋楽に八日市町は なぜか楽屋の撮影が禁止になってた
とおっしゃってました
何かあったのかな・・・と思ってたのですが
あるいは女の子たちのことを慮ってのことだったのでしょうか・・・?