長浜曳山まつり 2014 その3「喜有福満祭提灯」①

c0196076_11243193.jpg
四番山の「諫皷山」(御堂前組)。

外題は「喜有福満祭提灯」
(よろこびありやふくみつるまつりちょうちん)

子ども歌舞伎とはいえ、予備知識がなければ、
ストーリーさえ理解できないものも少なくありませんが、
これは腹をかかえて笑いながら楽しめる、
わかりやすい傑作でした。

それもそのはず・・・。
原案は松竹新喜劇の名作『祭り提灯』。
長浜曳山まつり史上初の創作狂言だそうです。

子ども役者の話す上方ことばも品があって、
とても心地よかったです。



c0196076_11354274.jpg

曳山は安永3(1774)年、藤岡和泉一富、
亭は文政元(1818)年、田中加平治愽君の作。

c0196076_11492227.jpg

諫皷山の亭の上には、
その名の由来となった諫皷と鶏が載っています。

「諫皷」というのは、古代中国の伝説上の聖天子
堯、舜、禹が、朝廷の門外に設けた太鼓。

施政について諌言する際に、
人民に打ち鳴らさせるためのものでしたが、
長らく善政をがつづいたので鳴らされることはなく、
やがて苔むして鶏の遊び場に。

諌鼓に鶏が止まっているのは天下泰平のしるし。

今回は、そんな諫皷山にふさわしい外題でした。

c0196076_23435469.jpg

山路屋幸兵衛は、町内でも知られた正直者。

妻のおすみと提灯屋を切り盛りしています。

大坂高津神社の春祭りで賑わうある日、
幸兵衛のもとに、かつて世話になった
本家の若旦那から手紙が来ます。

近日中に、二十両の金を用立てて欲しい、との依頼。
本家の若旦那からの頼みとあれば、断ることはできませんが、
その日の商いに死苦八苦している幸兵衛に二十両は大金。
どう算段したものかと頭を抱えます。

c0196076_5595739.jpg

そこへやって来たのが、金貸しの徳兵衛。
山路屋さんなら、証文なしでも、なんぼでも貸しまっせ。
・・・困り顔の幸兵衛にそう持ちかけますが

「お断りしいたします。
あんたに金借りて、えらい目に合うた人、
ぎょっさんいてはりますよってにな」


「えらい嫌われようやな」

茶を・・・といえば茶菓子もな、と催促したり、
タバコを忘れたと言ってはねだったり、
挙句の果ては、神社の供えものを売りつけようとしたり、
町内で唯一の金持ちであるはずの徳兵衛の、
吝嗇ぶりが笑いのネタにあがっていきます。

神社の修理費用を賄うための富くじに付き合って欲しい、
と、祭りの世話役、勘太と佐助が持ちかけてきます。

幸兵衛は一文で一口乗りますが、
徳兵衛は憎まれ口を叩いて、ここでも吝嗇ぶりを発揮します。

c0196076_10493325.jpg

世話役たちが帰ったあと、財布の忘れもの。
勘太と佐助が集めた金で、中身は二十五両。

こっそり山分けをしようと持ちかける徳兵衛に、
そんなことしたらバチが当りますと咎める幸兵衛でしたが、
ひとりになると、ふと気の迷いを起こしそうになります。

喉から手がでるほど欲しい金です。

食事の用意ができたと告げるおすみの声に、
慌てて財布を、見本の赤い提灯のなかに。 

その様子をこっそり覗いていた徳兵衛。

c0196076_10593014.jpg

「売りもんには手え触れなや」

念を押して、幸兵衛は奥の間へ。

c0196076_10372376.jpg

おすみが店番をしていると、
上総屋のおかみさん、お富がやって来ます。

注文していた提灯ができているのを確認すると、
これからお参りに行って、帰りに貰ろて帰ります・・・
と、ふと目についた赤い提灯。

「これは売りもんとちがいますよって」

と言うおすみを制して提灯を手に取ると、中から財布。

c0196076_10385744.jpg

「おすみさん、山路屋さんのへそくりでっせ」

「そうですやろか・・・」

「まあ、あんたも気のええ。
どこぞにオナゴこしらえて、遊ぶ金ちゃいまっか。
男は油断なりまへんで。
あんた、気いつけなはれや。
ほな、さいなら」


7歳の役者の棒読みのセリフまわしに爆笑です。

c0196076_18273218.jpg

悋気の炎に燃えるおすみ。

c0196076_23145691.jpg

とても色っぽいですね。
ふと、小学生の男の子だということを忘れてしまいます(笑)

c0196076_22305047.jpg

お富さんが取りにくるまで・・・

と、おすみは腹いせに、財布を上総屋の提灯に、
赤い見本の提灯には幸兵衛のキセルを入れておきます。

c0196076_18383796.jpg

店番をしている妹のお近から、
徳兵衛は無理やり、見本の赤い提灯を五両で買いあげます。

(つづく)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/22016688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nararanran at 2014-04-26 20:42
こんにちは~

つづく・・・が楽しみです。
おもしろい(*^_^*)

手ぬぐいをグッと噛んで
きぃ~~~~ってトコロ
大笑いしました。
可愛いですね~どれだけ練習したかと思うと愛おしくなります。
Commented by dendoroubik at 2014-04-27 15:41
☆らんさん

可愛かったですよ~♪
毎回 子供歌舞伎の女形にはヤラれていまいます
今年は このおすみちゃんがイチオシでした^-^

女の子も演じる子供歌舞伎も多いみたいですけど
長浜は男の子だけ・・・
稽古場にさえ母親であったも立ち入れない
・・・という厳格さを保っているそうですね
先日 TVでドキュメンタリやってもましたけど
子供たちのガッツも 
大人たちの心意気も感動モノでした!
by dendoroubik | 2014-04-25 17:00 | ◇長浜曳山まつり | Trackback | Comments(2)