米原曳山まつり 2013 その6 松扇山組①

c0196076_913562.jpg

 「ただ男に惚れただけ。それのどこが悪いのさ」

まるでそんな伝法な物言いをするかのような表情の
『神霊矢口の渡し』のお舟ちゃん。

小学五年生の男の子が
演じていることに、改めて驚嘆します。




c0196076_9534413.jpg

江戸末期,藤岡和泉が長浜の翁山を
模して製作したといわれている松翁山。

宵宮の朝、新幹線、JR在来線、
近江鉄道をまたぐ長い跨線橋を渡り、
その日最初の子供狂言がおこなわれる会場に向かいます。

c0196076_10182218.jpg

開演を告げる「出笛」・・・

c0196076_9105422.jpg

冬の夜、男女の旅人が
相模と武蔵の国境、矢口の渡りにさしかかります。

男は新田義貞の遺児、義峯。 
女はその恋人、傾城臺(うてな)。

二人は京から、足利方の追っ手を逃れて
故郷新田郷へ落ちのびる途中です。

矢口の渡しは、一年前、兄、義興が
足利方の策略にはまり、討ち死にした場所。

こっそり回向の念仏をとなえる義峯とうてな。 

c0196076_0482067.jpg

義峯とうてなは、渡し守の家におとないを入れ、
舟を出して欲しいと頼みます。

応接したのは、この家の主、頓兵衛の娘、お舟。

実は、一年前、褒美の金欲しさに足利方の手先となり、
矢口の渡しで新田義興を溺死させた張本人こそ、
この家の主の、頓兵衛。

c0196076_0573885.jpg

でも、この時点ではお互いに
そんなことは知る由もありません。

あいにく夜には舟は出せませんとお舟が応えると、
では、このあたりに宿はないか、と義峯。
田舎のことゆえ、宿とてありませんが、ままお煙草など、
と気立ての優しいお舟は二人を招じ入れます。

c0196076_1205347.jpg

気品のある義峯の姿を見たお舟は、たちまち一目惚れ。

見晴らしのよい2階の部屋へ、一夜の宿を提供します。

c0196076_2365265.jpg

 それにしても、なんと凛々しいお方。

 女に生まれたからには、
 あんなお方と添うてみたい。
 せめて一夜でも抱かれてみたい。
 お連れのお方は奥方さんであろうか。
 妹さんであろうか。
 問うてみたいが、そんなことを問うて、
 はしたない女子と思われはしまいか。
 でも、問うてみたい。


お舟は身悶えします。 

c0196076_1373656.jpg

と、そこへ義峯がひとりで降りてきます。

連れの女が持病の癪を起し、
薬を飲ませるのに白湯を所望したい、と。

はいはいただいま・・・と湯を沸かしながら、
お舟は義峯をチラチラ。

見れば見るほど、いい男。
意を決して、先ほどから
気にかかっていたことを尋ねてみます。

 「連れの女は、身共の妻」

義峯の返事に、お舟は急に不機嫌になり、

 「近頃は落人の詮議が厳しく、
 夫婦連れは泊めるなと厳しいお達し。
 さあさあ、今すぐ出て行って下さいまし」


義峯は笑いながら、

 「いやいやこれは旅の座興。あれは妹でござる」

とその場を取り繕います。

たちまち機嫌を直したお舟は・・・

 「あなた様さえよろしければ、明日もあさっても、
 10日でも20日でも、
 5年も10年も、100年でもお泊り下さい」


・・・と大喜び。

有頂天のお舟は、さらに義峯に
一夜だけでも・・・と迫ります。

c0196076_8395691.jpg

c0196076_8412198.jpg

大ウケですが、けっこうきわどいセリフですね(笑)

c0196076_2372459.jpg

最初は毅然と固辞していた義峯ですが・・・

c0196076_1461862.jpg

情に絆されたのか、
次第に態度を軟化させた・・・かに思えたその瞬間、
二人は雷にでも打たれたかのように
同時に気絶してしまいます。

c0196076_285416.jpg

そこへ二階で臥せっていたはずのうてなが現れ、
義峯の所持する新田家の白旗を揚げます。

すると二人は、不思議なことに息を吹き返します。

c0196076_2242044.jpg

じぇじぇじぇじぇじぇ

これを見ていたのが>頓兵衛の下男の六蔵。

松竹新喜劇の小島慶四郎さん(古~っ^-^;)
を思わせる憎めないアホキャラです(笑)

c0196076_238052.jpg

お尋ね者の義峯と気づいた六蔵は
すぐにも奧の部屋に踏み込もうとします。

義興を溺死させたときは、
親分の頓兵衛だけがいい目を見ましたが、
今度は自分ひとりの手柄にしようという魂胆です。

c0196076_236376.jpg

お舟は彼女に気がある六蔵を・・・

 「夫婦となれば、頓兵衛はあなたの父、
 自分ひとりの手柄とせず
 父二人での手柄に」


・・・と、宥めすかして時間を稼ぎます。(つづく)
by dendoroubik | 2013-11-02 15:11 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/20887994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by senbei551 at 2013-11-04 00:53
お・も・て・な・し…爆笑してしまいました(笑)
長浜の「ワイルドだろぉ~」といい、流行りネタを入れてくるの面白いですね(^^
Commented by dendoroubik at 2013-11-04 08:28
☆せんべぇさん

振り付けは壷阪霊験記と同じ市川団四郎先生
茶目っ気たっぷりの演出が ホント楽しんですね!
4回見ましたが 飽きませんでした(^-^)/
Commented by すぺいん人 at 2013-11-05 17:57 x
お・も・て・な・しの部分のお写真、7枚組でポストカードに出来そうですね❤
あれは予想していなかったので笑っちゃいましたが、確かに云われてみると結構キワドイ。。。(笑)。

Commented by dendoroubik at 2013-11-05 22:17
☆すぺいん人さん

4度見ましたので お・も・て・な・しは狙って撮りました(笑) 
プリントして部屋に飾っておきますw

コメントいただきましてありがとうございます♪