古川祭 2013 その2 祭りの朝

c0196076_23413487.jpg

昨年につづいて、4月19日、20日、
飛騨古川の[古川祭」にお邪魔しました。

昨年同様、同僚の叔父さん宅(闘鶏楽組)に
一泊お世話になります。

古川祭」といえば、豪華絢爛な屋台(曳山)と、
なんといっても、19日の宵から
日をまたいで深夜までおこなわれる
起し太鼓」でその名を知られています。

これがメチャクチャおもしろい!

屋台の曳き揃えや[起し太鼓」には、
たいへんな数の観光客が訪れますが、
もうひとつ、しみじみ「いいなー」と思うのは、
祭りの朝の風景です。

やわらかい朝の光のなか、
豪華な屋台が、趣のある古川の町を、
町衆によって曳かれていく光景は、
とてつもなくすがすがしい・・・。

空が白みはじめる5時にごそごそ起きだし、
カメラをぶらさげて出かけました・・・。




c0196076_7573483.jpg

宮川沿いの桜も、今を盛りに咲き誇っています。

昨年、訪れたときは、
まだ咲き揃っていなかったように思います。

今年は、こちらの桜も早かったみたいですね。

ただ、前日から急激に冷え込み、
19日の朝、古川に着いたころには、
細かい雪が降っていてビックリしました。

c0196076_2319451.jpg

古川といえばここ
・・・というくらい有名な、瀬戸川沿いの白壁土蔵群。

早朝だけあって、さすがに人気がありません・・・。

c0196076_23324696.jpg

揃いの法被のおやじさんたち。 たまらなくカッコいいです。

c0196076_23184348.jpg

各町組から順に屋台が祭り広場へ向けて曳き出されてきます。

c0196076_2355963.jpg

町会所には、昨晩大活躍の「付け太鼓」が納められていました。

c0196076_2343540.jpg

屋台の名が刺繍された台名旗をもって祭り広場に向かう男性。

どこか誇らしげなその背中にグッときます・・・。

c0196076_23463587.jpg

なんていい祭り!

こんな表現が適切かどうかわかりませんが、
どこか職人気質で情の厚い人もいい・・・。
とろみがあって芳醇な酒も旨い。

いい町ですねー。

c0196076_2342441.jpg

午前の曳き揃えがおこなわれる祭り広場へ到着。

c0196076_23423881.jpg

c0196076_2342532.jpg

c0196076_011369.jpg

c0196076_019053.jpg

身を反らせて太鼓を打つ、神楽台が到着するころには、
そろそろ、祭り広場に観衆が集まり出します・・・。
by dendoroubik | 2013-04-21 02:00 | ◇古川祭 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/19887715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。