第59回 全日本チンドンコンクール その5

c0196076_7351256.jpg

今朝の関西ローカルのTV番組で、
チンドンコンクールのミニ・ドキュメンタリーがありました。
(必死で写真を撮る、dendoroubikの
マヌケな姿もバッチリ映ってました^-^;)

福岡の親子チンドンマン『こんぺい党』さんは、
11回の出場で優勝経験なし。

前回は準決勝まですすむも結果は第3位。

「今年こそは!」という意気込みは、
「富山のことを考えると眠れなくなる」・・・というほど。

(ちなみに、チンドンマンにとって「富山」というのは
たんに地名を表すだけではなく、
「チンドンコンクール」を指す言葉なんだそうです)

じっさいに見物していて気づかなかったくらいのちょっとしたミスで、
惜しくも予選落ちしてしまいますが、
底抜けの明るい笑顔をふりまくその影で、舞台裏での悔し涙・・・
コンクールにかける熱い思いに、ついホロリとさせられてしまいました。




c0196076_11203473.jpg

愛娘の愛(まな)さんは 
18歳にして芸歴16年のベテラン。
幼い頃より英才教育を受け、
あらゆる楽器と芸をこなす超エリート。

c0196076_11401422.jpg

ビバ!! 
ベリー・ナイスなチンドンマンたち!!


c0196076_075686.jpg

c0196076_20231778.jpg

c0196076_08456.jpg

c0196076_20314180.jpg

c0196076_9402639.jpg

c0196076_9441055.jpg

c0196076_0195719.jpg

c0196076_0513513.jpg

c0196076_0465842.jpg

c0196076_17153390.jpg

c0196076_1715526.jpg

c0196076_0473024.jpg

c0196076_20283543.jpg

c0196076_0265639.jpg

c0196076_1148342.jpg

c0196076_0484569.jpg

c0196076_048090.jpg

c0196076_1625781.jpg

c0196076_11154363.jpg

c0196076_0415695.jpg

c0196076_0503438.jpg

c0196076_0491335.jpg

c0196076_0504174.jpg

c0196076_2029572.jpg

c0196076_731303.jpg

c0196076_2029473.jpg

c0196076_20281118.jpg

c0196076_7271789.jpg

c0196076_932526.jpg

c0196076_10575042.jpg

トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/19817454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by senbei551 at 2013-04-11 23:42
dendoroubikさんのブログ見ていたら、こんぺい党さんのファンになってしまいました(笑)来年こそガンバレー!!
Commented by りんごの里から at 2013-04-12 00:26 x
こんばんは。
チンドンコンクール楽しませてもらいました。
30組の皆さんの表情が素敵ですね!
来年は?必ず見に行きます。
ありがとうございました。
Commented by dendoroubik at 2013-04-12 22:50
☆せんべぇさん

人を楽しませようと懸命な人の姿って 美しいですよね
いや 何によらず 懸命な人の姿はすがすがしい
賞を獲ることよりも 笑いを獲ろうとしているチームもいましたが
それはそれで嫌いになれません^-^

こんぺい党のお母さんのちよみさん
6年まえに見たときからグッときてました
「ちよみの旅日記」という掲示板 愛読しています^-^
Commented by dendoroubik at 2013-04-12 23:03
☆りんごの里からさん

チンドンコンクールは 富山の重要無形民俗文化財です^-^
「こんなのあんまり好きじゃない!」
・・・とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません
それはそれで理解できます
が・・・これが来年60回目を迎えるということはすごいことです
それは富山の方々にも ちゃんと理解してほしいと思います
いや 日本国民がしっかり認識すべきことで
来年は「よくぞ残してくれた」・・・と日本じゅうが富山に感謝する年になるかもしれません
by dendoroubik | 2013-04-11 12:00 | ◆越中の祭 呉東 | Trackback | Comments(4)