勝山左義長まつり 2013 かっちゃまふるさと わすれぬまつり

c0196076_1982540.jpg

町じゅうう縦横に張りめぐらされたカラフルな左義長の短冊・・・

時折、思い出したように吹きおろす吹雪に
ハタハタとたなびくのを見ると

 「左義長に来た!」

・・・と、テンションがあがってしまいます。




c0196076_21312816.jpg

まったく個人的な感情ですが・・・

正面に写っている低い山
(何て名かは知りません・・・)
九頭龍川の右岸に切り立つこの山の、
少し雪をかぶった針葉樹が
僕にとって「ザ・勝山」な風景です。

c0196076_21301211.jpg

c0196076_20314853.jpg

祭りの期間、ズラリと露店の並ぶ本町通り。

c0196076_20561652.jpg

昨年と今年の2回、のべ4日間、
滞在したにすぎませんが、とても「懐かしい」町です。

c0196076_2015168.jpg

釣りもスキーもしませんが、
だいづるの歌詞のように春の弁天桜、
秋の平泉寺のコケ狩りにも行きたい・・・。

c0196076_19182119.jpg

昨年、飛騨古川の「古川祭り」を見た帰り、
ちょうど桜の季節だったので
勝山に立ち寄ろうかとも思ったのですが、
雨だったのであきらめてしまいました。

c0196076_2084171.jpg

今から思うと、雨でも花見が
できないということはないので、
やはり立ち寄ればよかった・・・

c0196076_19424894.jpg

「つくりもの」と「書き流し」。

今年、僕がいちばん気に入ったのはこちらの地区。
アイロンをかけられている紅い長襦袢が泣かせますね。

c0196076_2323435.jpg

総業400年の老舗旅館「板甚」さん。 

今回、一泊こちらでお世話になりました。

司馬遼太郎の『街道をゆく』でも
数頁をさいて紹介されています。 

「古格」・・・という言葉がピッタリです。

c0196076_22364785.jpg

c0196076_23201424.jpg

夜の左義長もとても魅惑的です・・・。

c0196076_23242221.jpg

c0196076_23251780.jpg

c0196076_23341440.jpg

c0196076_23353885.jpg

by dendoroubik | 2013-03-03 00:00 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/19502282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。