勝山左義長まつり 2013 春よ 春よ こがれし春よ

c0196076_011257.jpg

櫓のうえで陽気に浮いている様子を眺めていると、
まるで夜っぴきでおこなわれる祭りのような錯覚をおぼえます。

でも、さすがに2月におこなわれるだけあって、
すべての櫓は午後10時までにはお囃子を終了します。





c0196076_23435666.jpg

昨年は福井以内に宿をとったため、
1日目の夜も早々に退散。

じっくり夜の左義長を楽しむことができませんでした。

今年は旧勝山市街地のド真ん中に宿をとったものの・・・
その旅館での夕食があまりにもおいしかったので、
ついつい酒がすすみ・・・
熱い湯に浸かってくつろいでいるうちに気づけば8時過ぎ・・・

ふたたび浮き太鼓を見に出かけたら、
今度は湯冷めしそうで10時まえには退散。

けっきょく、見ていた時間は去年とかわりませんでした(笑)

c0196076_0112960.jpg

昨年のこのブログの勝山義長」シリーズの
トップに掲げさせていただいた女の子。

今年から中学生。
大人に混じっての浮き太鼓です。
浮き太鼓は、リズムさえ外さなければ、
とくに作法や決まりがあるわけではなく、
打ち手それぞれがもっている「型」があるのだそうです。
それは幼い頃から染みついた代えがたい個性。

彼女の浮く姿を眺めながら、
その「型」を懐かしく思うと同時に、
よりしなやかに、より力強く、よりカッコよくなっていることに、

 「やはり1年経ったのだ」

・・・・という感慨を抱かないわけにはいきませんでした。

c0196076_16271.jpg

こちらの櫓は今年も「子供ばやしコンクール」で
最優秀賞(「市長賞」)を受賞されたそうです(7年連続!) 

c0196076_212499.jpg

踊りの良し悪しを判断する批評眼などありませんが、
たしかにこちらの「子供ばやし」を見ていると、
とても調和がとれていて、
次第に観衆も巻き込んで高揚していくグルーヴ感があります。
ピークでは、まるで櫓が揺れているよう・・・

 これが「浮く」ということなのかな・・・と思います。 

c0196076_0274573.jpg

女の子が頬に貼っているのは
「百戸田吾作」(ももと・たごさく)さんのステッカー。
左義長の2日間、町を徘徊し
「名刺がわりに・・・」と配っておられました。
(僕もいただきました^-^)

c0196076_154078.jpg

福井市では有名な方らしく、
周辺の祭りやイベントに頻繁に登場。
素顔は市内の某建設会社の営業部長さん。

(・・・だから、でしょうか、張りのある素敵なバリトン・ボイス!)

c0196076_1433118.jpg

夜、ある櫓のまえで子供たちといっしょに浮いてはりました。

c0196076_23574217.jpg

司馬遼太郎は『街道をゆく』(「越前勝山」)のなかで、
以前、訪れたときの勝山の街並みの趣きが
失われつつあることを惜しんでいます。
どこか大正時代の香りのする街並みから、

 「雪さびたほの暗さや渋さ」

・・・が失われつつある、と。

c0196076_0403636.jpg

市内へのスーパーの出店や、
それに感化されるかのように古い商店街も
ケバケバしい看板に掛け替えられたことによる、
とされています。
旧市街地の街並みは、伝統的な建造物や
レトロモダンな建物が混在して
現在も じゅうぶん魅力的だと思うのですが、
おそらく司馬遼太郎が最後に訪れたときよりも、
さらに趣きは失われているのでしょう・・・

c0196076_16551.jpg

ただ、闇に浮かびあがる夜の櫓を眺めながら歩いていると、
ふと、見たこともない「雪さびたほの暗さや渋さ」に溢れた
古き良き勝山の街並みが彷彿としてくる気がします・・・

c0196076_121070.jpg

・・・でも、やっぱり寒い(笑)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/19437400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by senbei551 at 2013-02-27 20:53
今回も美しいグッとくる写真ばかりですね。惚れ惚れします。去年もすばらしかったけど、今年それ以上ですね。自分はdendoroubikさんの写真観る前に勢いでアップしときゃよかったです(笑
Commented by dendoroubik at 2013-02-27 21:51
☆せんべいさん

「グッ」とくるのは せんべいさんがさぎっちょの魅力に
実際に触れてしまったからですよ^-^
写真で見るだけと 行ったあとでは
見え方も ずいぶんとちがいますね
また 同じものをちがう人の視線で見るのも
とても新鮮・・・・

ですから せんべいさんも早く! ^-^
Commented by tora003 at 2013-02-27 23:11 x
個人技を撮ってよし。
祭りで賑わう町の表情も美しい。
こういう一連の写真を撮らんといかんね。
お見事です!!
Commented by dendoroubik at 2013-02-28 21:04
☆トラさん

もって行ったメディアをぜんぶ使い果たしてしまうほど
撮りまくりました^-^;
天気がよければ もっと撮っていたかもしれません・・・

ホントに この祭りも この街もすばらしい
住んでる人の心根も とてもいいですね!
Commented by マシュタ at 2015-02-23 12:42 x
初めまして。
左義長祭りの写真を検索して、ページ拝見しています。
写真、お上手ですね。
構図といい、光と影の使い方といい、特にこの記事の
被写体の存在感と引き締まった色使いに背景のボケが
ステキです。(^^

私もカメラ好きなのですが、こういう写真を撮れるように
なりたいです。
Commented by dendoroubik at 2015-02-24 06:45
☆マシュタさん

はじめまして!
今年 さぎっちょに行っておられたんですね
きっとどこかの櫓ですれちがってました
来年も伺いしますので
ぜひそのときはいっしょに祭りを楽しみましょう!

写真のこととなると汗顔の至りです^-^;
ただ祭りは好きです
とくにこの祭りは大好きで
これを見ないことには 春ははじまりません(笑)

コメントいただきまして ありがとうございます!
by dendoroubik | 2013-03-02 19:00 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(6)