祇園祭 2012 宵山 その4

c0196076_23104437.jpg

宵山の人出もピークを過ぎ、
家路につく人が目立つ午後10時頃 
「日和神楽」がはじまります。

各山鉾町の囃子方が祇園囃子を奏でながら
四条寺町の御旅所へ詣でます。
車のついた木枠には鉦が吊るされ、
太鼓とともに打ち鳴らされながら曳かれていきます。

翌日の巡行が晴天であることを祈願する奉納行事です。




c0196076_23255294.jpg

c0196076_2327320.jpg

会所飾りや山や鉾の懸装品、屏風祭の家宝・・・
見る者に有無をいわせない伝統と格式、
豪華絢爛さが祇園祭の代名詞。

この「日和神楽」は
そういった贅を凝らしたものではなく、
どこの祭りにもあるようなシンプルな行事。

c0196076_23264866.jpg

c0196076_23245214.jpg

その分、町衆の祈りと心意気が
ストレートに伝わってくるように思えます。

「日和神楽」にもっとも祇園祭の情緒
を感じる人が多いのも、そのせいでしょうか・・・。

c0196076_23253327.jpg

by dendoroubik | 2012-07-20 16:00 | ◇祇園祭 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/18246158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nochi423 at 2012-07-21 09:36
お揃いの浴衣メンズ、男性が主役なのでしょうか?

期間中いろんなタイプのお祭りがあって飽きませんね。

それにしても高感度ですね~!!
Commented by dendoroubik at 2012-07-21 22:42
☆ノチさん

このあと南観音山で「あばれ観音」という行事があるそうなのですが
これを見ていると最終電車に間に合わないので
いまだ見たことがありません・・・
「あばれ観音」・・・祇園祭のイメージにそぐわないようで
興味深々です^-^

写真で見るより けっこうまわりは明るいんですよ
f4までのレンズなので これより暗い祭りはちょっとキビしいです