白峯神宮 小町をどり

c0196076_13454236.jpg

撮った写真をブログ用に並べてみて、改めて感嘆しました・・・

なんて澄んだ瞳をしてるんでしょう!




c0196076_16351875.jpg

白峯神宮では、毎年七月七日午後四時三〇分からの「七夕祭」に、
地元の少女たちによって「小町をどり」が奉納されます。
この踊りは、元来、奈良時代、宮中の行事として始まった
陰暦七月七日夜の乞功奠(きこうでん・巧みになることを乞祈る祭り)の際、
供え物として公卿等が詠んだ「和 歌」を届ける時に、
文使い(ふみづかい)のお供をしていた娘たちが、
その道中で歌い舞った踊りが起源とされています。

(「白峯神宮」HPより)

c0196076_1523372.jpg

c0196076_14213022.jpg

その後、これが民間で七夕の風習になり、
特に女子が手芸と芸事の巧みなることを願う祭事として定着し、
元禄の頃になりますと西陣界隈の乙女たちを熱狂させまして、
あでやかな西陣織の着物を着飾って町々を歌をうたい、
踊り歩いたのが始まりであるとされています。
(同)

c0196076_15455425.jpg

衣装は、紫のハチマキに桔梗の銀かんざし、
緋の襦袢を片袖ぬぎにして、金襴のたすきと帯、
赤いしごき、青を基調にした着物は、
緋とのコントラストがひときわあでやかさをまします。
その着つけも、元禄の優雅さがしのばれ、
一層乙女たちの可憐さを強調します。
左手に小太鼓をもち、右手のバチをかざしてシナをつくり、
広場中央の七夕飾りの大笹の元、牽牛・織女の周りを回りながら、
歌に合わせて打ち鳴らすトントンとかわいた小太鼓の音が、
静かな境内に響きます。
(同)

c0196076_16403629.jpg

c0196076_13455692.jpg

c0196076_16302552.jpg

c0196076_11485491.jpg

c0196076_140539.jpg

c0196076_18235298.jpg

c0196076_15223275.jpg

c0196076_16392486.jpg

明治の遷都以後、この行事は途絶えておりましたが、
これを惜しんだ地元の人々が、
時代風俗の考証を吉川観方、
作曲・振り付けを茂山千五郎氏の協力を得て、
昭和三十七年の七夕祭に復活させたものです。
以後、今日まで、夏の風物詩として、
当神宮ゆかりの「けまり(蹴鞠)」と共に広く親しまれています。
(同)

c0196076_1491135.jpg

また、「七夕」に当神宮に奉納されるのは、
神宮の境内に地主神として尊崇されている
地主社の御祭神(精大明神)が和歌・けまり上達の守護神、
また七夕の神とも伝承されていることによります。
(同)

c0196076_1756158.jpg

「小町をどり」を見るのはこれで3度目になります。

c0196076_1519158.jpg

昨年の祇園祭、お迎え提灯
同じく花傘巡行のあとに祇園東の芸舞妓さんたちが踊るのを見物。

c0196076_1336784.jpg

それぞれにちがった可憐さがありますね。

c0196076_1312535.jpg

トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/18200611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tora003 at 2012-07-12 21:40 x
こんばんは~♪

表紙の写真がベストショット!!
愛らしい少女の目線を見事な構図で捉えたdendoroubikさんの腕とセンスが光る一枚ですね。
蛇足ですが宵山の綾傘鉾、人混みをかき分け目指してみます。
Commented by dendoroubik at 2012-07-12 22:14
☆tora003さん

こんばんは!

3度目なので もうちょっと何とかなうだろうと思ってたんですが
はじまると前の2度とは勝手がちがい なにをどう撮っていいのかわからず
けっきょく女の子たちの表情に頼っただけの写真しか撮れませんでした^-^;

宵山へ行かれる予定なんですね!
お会いできるのを楽しみにしていますv
雨がちょっと心配ですね・・・
Commented by nochi423 at 2012-07-12 23:43
澄んだ目を捉えられるのはdendoroubikさんだけですよ(^^)

狙う位置がプロです!!

ハッとする写真の数々、珍祭や歴史…教わる事だらけです♪
Commented by dendoroubik at 2012-07-12 23:56
☆ノチさん

撮っているときはあまり意識してなかったのですが PCに映る女の子たちの瞳のあまりの純粋さに驚いてしまいました
(自分は汚れきっているなあ…と>_<)

「この1枚!」という写真が撮れないので(それは技量と性分によるのだと思います)いつも並べ方を工夫するのですが
この記事はなぜか苦心しました
苦心しすぎて 文章まで手がまわらず 全部引用^_^;
Commented by goodroads at 2012-07-14 10:04
子供たちは、大きくなればこの行事も年次卒業していくのでしょう・・・しかし行事は伝統的な風習として継承されていく・・・

20年前も、10年前も・・・・
どの時代の踊った子も、こういった澄んだ目をしていたのでしょう~それがひの国の力でもあり、魅力なのかなぁ

そういう深部までの描写力心が揺さぶられました 凸!
Commented by dendoroubik at 2012-07-14 20:52
☆Tomさん

>どの時代の踊った子も こういった澄んだ目をしていたのでしょう~
それがひの国の力でもあり魅力・・・僕もそう感じました

踊り自体は とてもかわいかったのですが・・・それほど「すごい!」とは 正直 思いませんでした
煌びやかな衣装・・・それ以上に純粋な瞳に惹きつけられました
「かたち」を通じて こういった心持ちが伝承されていくのでしょうか・・・
by dendoroubik | 2012-07-12 19:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(6)