飛騨 古川祭 子供歌舞伎

c0196076_10364646.jpg

20日は「まつり広場」での曳き揃えのあと、
午前9時から青龍台、9時40分から麒麟台のからくり、
10時10分からは白虎台の子供歌舞伎の奉納
が予定されていたのですが、
小雨が降りはじめていずれも中止。 

同じ場所で、つづけて見物できるはずだったのですが、
屋台はそれぞれの町内の屋台蔵へ帰っていき、
そこでの奉納ということになりました・・・





c0196076_8551585.jpg
            
町内へ帰るために曳かれていく白虎台・・・

c0196076_9115214.jpg

武蔵坊弁慶は京の五条の橋で
小太刀で人を斬る化生のような少年のことを聞き、
討ち取る決意をします。 

牛若は、母の言いつけで明日は鞍馬寺へ・・・

今夜が名残と、五条の橋で人待ち顔。 

大薙刀を担いだ弁慶は女装した牛若に
油断して通り過ぎますが、
薙刀を蹴あげた牛若と激しく戦うことになります。 

さすがの弁慶もさんざんに翻弄されて、
ついに降伏・・・主従の縁を結ぶ
・・・という、ご存知、義経と弁慶の出会いの場。

c0196076_8542677.jpg

  京の五条の橋のうえ~ 
  大のおとこの弁慶は~ 
  長い薙刀ふりあげて~ 
  牛若めがけて切りかかる~

c0196076_9241669.jpg

  牛若丸は飛び退いて~ 
  持った扇を投げつけて~ 
  来い来い来いと欄干の~ 
  うえへあがって手を叩く~

c0196076_927536.jpg

  前やうしろや左右~ 
  ここと思えば またあちら~ 
  燕のような早業に~ 
  鬼の弁慶あやまった~

c0196076_919236.jpg

あ! 

もちろん、こんな童謡が流れるわけじゃないのですが、
思わずそんなふうに口ずさんでしまうような
子供たちの可愛さでした(笑)

c0196076_10362288.jpg

何度も見得を切る弁慶と牛若丸。 
そのたびにカラフルな花吹雪が舞います・・・
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/17873133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anny at 2012-04-26 18:35 x
愛らしく、すばらしいですね。ぜひ観光用ポスターにしたいくらいです。
Commented by nochi423 at 2012-04-26 20:47
写真全部素敵~!!
同じく、ポスターやパンフレットにしてほしいです。
女形の男子が気になる今日この頃。
私も負けじとシナを作らねば!焦ります。
Commented by dendoroubik at 2012-04-27 00:18
☆annyさん

歌舞伎(狂言)としては「え?」って感じでしたが^-^;
子供たちのかわいさは別格ですねv

ひさうちみちおさんの「義経の赤い春」好きなんですが
annyさんにも義経 描いてほしい!
絶対 傑作が生まれると思います!
Commented by dendoroubik at 2012-04-27 00:36
☆ノチさん

本来なら 抜けるような青空と満開の桜の下で鑑賞したかったのですが
ご覧のような曇天・・4月20日というのに まだ桜も咲いていませんでした(涙)

芝居の女形は 女性にとっては「反則技」ですね^-^

5月は 小松の子供歌舞伎を見にいく予定です
女の子が女形・・・というのも なぜかちょっと倒錯的^-^;
Commented by anny at 2012-04-29 13:19 x
50年ほど前に市川少女歌舞伎なるものがあったんですよ。
なかなかのレベルで名古屋の大劇場で公演も行っていたとか。

月形龍之介が少女たちのファンで、少女歌舞伎が京都に来るたびに御馳走していたという話があります。

少女歌舞伎、復活して欲しいですね。
Commented by dendoroubik at 2012-04-29 21:20
☆annyさん

少女歌舞伎! 歌劇じゃなくて…それはすごい!

お祭りなんかは 伝統を継承するという義務感も手伝ってか ながく引き継がれるものですが
新興の芸能は興行的に成功しないと どんどん廃れてしまうものなのですね…
少女歌舞伎は ぜひ復活してほしいものですね

最近の芸能…お笑いのようなものでさえ すごく保守的でつまらなく思います…
by dendoroubik | 2012-04-26 18:00 | ◇古川祭 | Trackback | Comments(6)