飛騨 古川祭 起し太鼓

c0196076_1057726.jpg

「わあ! キレイ!」 「祭りっていいなあ」 
「古川祭サイコー」 「こんな祭 見たことない」・・・


4月19日の深夜、古川祭の呼び物のひとつ
「起し太鼓」の渡りを眺める観衆から
口々にそんなため息が漏れます。 

渡りは「付け太鼓」と呼ばれる
若衆の乱入によって相当に荒々しいものになるのですが、
古川の趣きのある古い町並みを、
高張提灯と町内の人が持つ数百の提灯行列に先導されて
太鼓が渡る姿を遠巻きに眺めていると、
たしかにそんな感嘆の念が湧きおこってきます・・・   

古川祭は毎年4月19日、20日、
岐阜県飛騨市古川町でおこなわれる気多若宮神社の例祭です。



c0196076_104310100.jpg

町内(屋台組)のもっとも重要な辻には
「額提灯」が設置されています。 

これは中空から神様の道を照らすもので、
祭り準備でもっとも大切なもののひとつ。 

江戸時代の初期より実施されているものだそうです。

c0196076_740351.jpg

午後9時半過ぎ、提灯行列に先導されて
「起し太鼓」が町中を渡ってきます。

c0196076_9112130.jpg

大きな櫓に載せた太鼓のうえ、
前後に腹部に晒しを巻いてつながれた男性がまたがり、
交互に太鼓を鳴らします。 
太鼓の脇にも男性がふたり載り、
これも三尺撥で横から太鼓を叩きます。

c0196076_12575480.jpg

c0196076_12563657.jpg

そのまわりを男性数名が囲み、
渡りのあいだ中、まるであたりを警戒するかのように、
ゆっくりと中腰から起きあがる動作を繰り返しながら
手に持った提灯であたりを照らします。

櫓は「起し太鼓主事」と呼ばれる当番組によって曳かれてゆきます。

c0196076_8523049.jpg

深夜から早朝にかけて、
氏子に神を迎える準備をさせるため
当番組が太鼓を叩きながら町を練る「起し太鼓」は、
呼び方こそちがえいろんな祭りで見られますが 
「古川祭り」「起し太鼓」が有名なのは、
これだけが独立した行事として巨大化しているところでしょうか。 

「古川祭」と多くの共通点を持つ「高山祭」
でもおこなわれていたそうですが、
現在、飛騨地方に残るのはここだけだそうです。

ただ、あまりにも有名になりすぎてか、
本来、深夜から早朝にかけておこなわれていたものが、
観光的配慮などから午後9時半スタートに繰りあげられ、
太鼓の音で起こされるというよりも、
これを見てから眠る・・・という風になってなっているようにも見えます。

c0196076_10441227.jpg

「起し太鼓」でおもしろいのは、
町内7ケ所ほどで繰り広げられる「付け太鼓」との攻防戦です。 

これは、幕末あたりからはじまった風習とのことです。

町内の辻々、7ケ所に若衆が待ち伏せ(?)しています。 

手にしているのは3メートルほどの棒に小太鼓を縛りつけたもの。 

大太鼓が通りかかると、その櫓の後部を小太鼓の組が急襲します。 

なぜなのかはわかりませんが、
いちばん最初に櫓のうしろに付けるのが名誉なことなのだそうです。 
ですので「付け太鼓」がはじまるとあたりは殺気立ち、
あまり近づきすぎると弾き飛ばされてしまいます
(僕も2度ほど弾き飛ばされました^-^;)

大太鼓のうしろには、
付け太鼓の進入を阻止しようと屈強なディフェンス陣が待ち構えていて、
押し合いへし合いの大混乱。 

いまでもけっこうな荒々しさですが、
昔はもっと過激だったらしく、
付け太鼓の先に鈎をつけて櫓を川へ引き釣り落とす
・・・なんてこともあったそうです。 
明治時代には禁止令が出されたこともあったそうですが、
復活を願う人々の思いが熱く、
現在もこのように引き継がれているわけです。

やがて決着がつき、
付けることのできなかった組は太鼓を頭上に掲げながら、
次の辻へ先回りします。 

町内には12組の付け太鼓があるそうです。 

c0196076_12122683.jpg

若衆を見つめるおやじさんの愛し気なまなざし・・・

c0196076_916272.jpg

この昂奮はどこかで味わったことがあるな・・・と考えてたら・・・
ラグビーの痛快さに似ていなくもありません。

負けず嫌いの荒い気性のことを
「古川やんちゃ」と呼ぶそうですが・・・
ゲームが終わればノーサイド・・・というところでしょうか。

c0196076_6121032.jpg

待ち伏せ中も気炎をあげます。 

「付け太鼓」の棒を垂直に立てて、
アクロバティックな芸を披露したり、
スタートの「出立祭」にも歌われた
「ぜんぜのこ」という祝い歌を合唱したりと見飽きません。

この「ぜんぜのこ」という歌は、
心に沁みるとてもいい歌でした。 

こんな歌詞です。

c0196076_6281192.jpg
 
 尽いたとて 何とせず 
    ぜんぜのこ まんまのこ

「たとえ 銭やまんま(飯のタネ)が尽きたとしても 何てことはないさ」

・・・というくらいの意味でしょうか。 

心に「経済効果」なんていうモノサシしかない人は、
銭やまんまがなくなれば何も残りませんね。 

こんな心意気は残りません。

c0196076_1365036.jpg

c0196076_1322116.jpg

またすばらしい祭りをひとつ見せていただきました。

c0196076_7334393.jpg

トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/17853577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anny at 2012-04-24 00:40 x
19日。お留守だったんですね。
唐崎まで行ったんですが、お話しする時間がなかったのでフィルムセンターのチラシだけお土産がわりにポストに入れておきました。(受け取れましたか?)

またの機会にお会いしましょう。
Commented by うずら at 2012-04-24 10:01 x
男っぽい祭ですよね!
写真に女性の姿がまったくないって、珍しい~(笑)
飛騨古川、祭と全然関係ない時期に行きましたよ。
朝ドラ「さくら」の舞台になった街なので(笑)
和ロウソクやさんとか、小京都的な町並みとか、
祭もドラマの中で出て来たし、資料館?も行きましたね。
ダンナが、言うてました。
「ロケ地に行きたいって、そんなミーハーやったって、初めて知ったわ」
知らんかったんや~(笑)
Commented by goodroads at 2012-04-24 16:52
こんばんは
勇壮な(観た事ないので雰囲気から・・・・)古川祭りを1度は!!と思うのですが、なかなか観られず今に至ってます。

祭りに関係ない日に1度行きましたが、土蔵の前を流れる川・・・それだけが強烈に印象に残っています。しかも本来、川に泳いでいるはずの鯉は鯉ヘルペスで居なかった・・・・笑

「三寺参り」も気になりますね・・・・
写真撮影よりも、「ご縁」に恵まれるかどうかの方が気にかかりますが~ 凸!
Commented by dendoroubik at 2012-04-24 18:46
☆annyさん

19~20日は ちょうどこの祭りを見物していました
携帯に連絡もいただいていたんですね
気づかずに申し訳ないことをしてしまいました・・・スミマセン
チラシ ありがとうございました!
見たい映画ばかりで 動揺してしまいました^-^;
これに懲りずに またお誘い下さいね!

Commented by dendoroubik at 2012-04-24 18:54
☆うずらさん

女の子の写真は「行列」編で登場しますので^-^;

かなり男っぽい祭りでしたが 翌日の曳山や御輿行列は打って変わって優雅なもので
また 1月におこなわれる「三寺まいり」という行事も 写真で見る限りしっとりとしたものですね
同じ町なのにこのギャップ^-^; 不思議な町ですね!

「古川やんちゃ」といって この町の男性は気性が荒い・・・といわれますが
道に迷ったときに教えてくださった方 一泊お世話になった同僚のご親戚 祭りの途中で雑談した地元の方々
どなたも温和でやさしい方ばかりだったので「ホントかなあ・・・」
とも思うのですが たしかに「起し太鼓」を見る限り荒ぶる心をもった方々ですね
Commented by dendoroubik at 2012-04-24 19:11
☆Tomさん

「三寺まいり」は写真でしか見たことがないのですが ぜひ見てみたいですね
でも 1月といえばまだ雪深い季節・・・先日の「古川祭り」のときでさえ
道端にはまだ雪が残っていました(汗)
自宅から名神 東海北陸道を継いで3時間半・・・冬はムリかもしれません^-^;

鯉ヘルペス・・・一時 流行ってましたね^-^
白壁土蔵の横を流れる瀬戸川沿いを早朝 歩いていると
突然 信長の扮装をした男性が登場して驚きました!
岐阜・・・だからでしょうか イベントに登場するタレントさんでしょうか
とても不思議な光景でしたよ^-^

凸ありがとうございます!

by dendoroubik | 2012-02-24 19:56 | ◇古川祭 | Trackback | Comments(6)