小牧 田縣神社豊年祭2

c0196076_8564618.jpg

あまりにもセンセーショナルな祭り故に、
海外からの見物客も少なくないこの祭り・・・

1時間半の行列を眺めているうちに、
たしかにセンセーショナルにはちがいないのですが、 
ある一点を除けば、どこにでもある素朴でほのぼのとした祭り
のようにも思えてきます・・・




c0196076_826432.jpg

午後1時、 お旅所である神明社にて
御輿行列出発神事「御前祭」が斎行されます。  

それまでの時間、拝殿まえに安置された三基の神輿のうち 
「陽物御輿(ようぶつみこし)(!)が
・・・というか、お供え物として収められた「大男茎形(おおわせがた)」が
外国人見物客に大人気でした(笑)

記念写真を撮るのはいいとしても、
抱きついたりキスしたりと大ハシャギ・・・。 

祭りの法被を着たおっちゃんも、

「ハグ! ハグ!」
「キス! キス!」
「タッチオーケー! ノープロブレム!」
 


などと英語で(笑)はやしたてています。 

「いまのうちに触っとかないと、
行列がはじまると触れないよ~!」
 

というインフォメーションには笑ってしまいました。 

彼らの強烈な弾けぶりに煽られて、
ついついいっぱい写真を撮ってしまいましたが、
とてもここでUPできるようなシロモノではありません(苦笑)

約1時間ほどで神事が終了。 出発の準備がはじまります。 

「大男茎形(おおわせがた)に勝るとも劣らないインパクトを放つのは、
拝殿に据えられていた「小男茎形」
(・・・と呼ぶのかどうかは知りません^-^;)
を抱えた可愛い五人の巫女さんです。

c0196076_2050574.jpg

行列でこれを抱えない、別な役割(神輿を曳く係)の巫女さんも、
出発まえにこれを持たせてもらって記念写真を撮ったりしています。 
「小男茎形」(?)を抱える役割というのは、
そんなにも名誉なことなのでしょうか・・・?

c0196076_20495167.jpg

日常では、あきらかに罰ゲーム・・・いあ、セクハラですね(笑)

c0196076_827089.jpg

群集のなかで背伸びして撮った写真ですが・・・なにやら、スゴい図・・・。

c0196076_8282832.jpg
午後2時、いよいよ 御輿行列がお旅所を出発します。 

300メートルほど離れた田縣神社まで、1時間半ほどかけての渡御。 

先頭を務める方が、塩で道を清めていきます。 

この塩は沿道の見物客にも分け与えられます。 

舐めても、身体に振りかけてもよいとのことでした。

c0196076_8532963.jpg

1時間半のパレード・・・サービス満点です。 

カメラに向かってポーズをとってくれたり、いっしょに記念撮影なんかもOKです。 

振る舞い酒なんかもあります。 

これは自家用車で来にくい・・・というロケーションが幸いしてますね。

c0196076_2119847.jpg

祭神、玉姫命のチラ見サービス(?)なんかもあります。

c0196076_8552253.jpg

この幟もスゴいですね。

「奉納」・・・と書いてあるのかと思えば「奉棒」(爆)

おそらくそんな言葉、広辞苑にも載ってないでしょう・・・!

c0196076_17341443.jpg

しかし、なんといっても盛りあがるのは
「大男茎形」(おおわせがた)を納めた陽物御輿(ようぶつみこし)です。 

神輿が晴天へ向かって担ぎあげられるたびに、
ギャラリーから哄笑が沸きあがります。 

決してバカにした笑いじゃありません

・・・いや、ちょっと、そういうのもあるかもしれませんが(笑) ・・・

腹のなかから沸き起こる 笑いです。

c0196076_8402547.jpg

神輿行列とは直接 関係はありませんが、
ギャラリーにはこういった方々もいますw   ⇒「ダルマ軍団」 

c0196076_8285235.jpg

c0196076_8283880.jpg

c0196076_8412590.jpg

子供たちも大喜び(笑)

c0196076_16433892.jpg

午後3時半、一行はようやく田縣神社に到着します。 

参道は黒山の人だかり、異様な興奮に包まれています。 

これは、オーバーな表現ではありません。 
殺気立つような熱気です。 

あらかじめ場所取りをしない限り
写真を撮れるような状況ではありません。 

上の1枚は、群集の頭のうえにカメラを持った腕を伸ばし、
あてずっぽうに撮ったものです(笑)

c0196076_20593899.jpg

二基の神輿が到着し・・・

c0196076_832180.jpg

最後に陽物御輿が本殿へ向かって突進していきます。 

観衆のヴォルテージは最高潮に達します。
(これも、決してオーバーな表現ではありません)

そして、大男茎形は本殿に挿入・・・いや、収められます。 

期せずして、観衆から歓声と拍手が沸き起こります。 

なにがそんなにスゴいことなのか、さっぱり理解できませんでしたが、
なぜか僕も知らずに拍手をしていました(笑)

c0196076_8585182.jpg

トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/17676095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2013-12-17 21:03
タイトル : しめ縄で迎春準備 小牧・田縣神社
男性器をかたどったみこしを奉納する奇祭で知られる田縣神社の氏子13人が15日、神社で新年用の太いしめ縄を作った。28日に飾り付け、新年を迎える準備を整える。... more
Commented by anny at 2012-03-20 00:51 x
わたしもナデナデしたい~~!
少子化対策の一環として全国的に展開するべき!
Commented by dendoroubik at 2012-03-20 09:41
☆annyさん

飛び出し坊やが多い滋賀の交通事故死亡率が低くないように
豊年祭のある小牧市の出生率も低下の一途をたどっているようです
少子化の歯止めにはならないかもしれません^-^;
でも たしかにオモシロい! 

3月はじめからら4月15日までおこなわれる大津の山王祭では
神の出産シーンが再現(宵宮落とし)されて ド迫力ですよw
by dendoroubik | 2012-03-19 07:00 | ◆尾張の祭 | Trackback(1) | Comments(2)