小牧 田縣神社豊年祭1

c0196076_12291031.jpg

この祭りに見所は、午後2時にお旅所を出発し、
300メートルほど離れた田縣神社まで
1時間半ほどかけて渡御する神輿と一行の行列です。

午後11時まえ、名鉄小牧線田縣神社へ降り立つと、
もうそこはお祭りモード全開。 

メインの行事は午後からだというのに、
プレイボール直前の甲子園球場のような混雑ぶりです。 

新聞報道によると、例年、10万人程度の人出だということなので、
甲子園の2倍ほどになりますね。 

この喩えは、却ってわかりにくいですか(笑)




c0196076_13274977.jpg

駅前の商店の店先にも、
なにやら怪しげな飴やグッズが販売されています。 

境内の露店にも同様のものが販売されており 


「こんなのいったい誰が買うのかな・・・?」


と訝っていると、これがけっこう売れているのです。
・・・それも若い女の子に。 

外国人観光客は、たいだい買ってましたね(笑)


「ガイジンさんにはカラフルなのが売れます」


とは 露店のおばちゃんの弁(笑)

c0196076_1059858.jpg

露店でお馴染みのチョコバナナもこのありさまです(笑)

これもたいへんよく売れていました(苦笑)

c0196076_1142333.jpg

極めつけは
「珍宝焼」
 

名物らしく、まえには行列ができてしまってます(苦笑)

c0196076_11243526.jpg

おそらく、1年に一度、この祭りのときに、
ここでしか食べられないものなのでしょうね。 

でも、だからといって、
あえて食べる必要があるのかどうかはまったく別問題です(笑)

c0196076_1141259.jpg

グッズの販売も充実(?)しています。


「今日しか売ってないよ~」


呼び込みの声がかかります・・・そりゃあ そうでしょう(笑)

c0196076_1219544.jpg

午後3時半頃に神輿が渡御するまで、
田縣神社の方にはこれといった行事はありません。 

なのに午前中からこんなに見物客が多いのはなぜでしょう・・・? 

老人会らしき方々の踊りやのど自慢なんかをやってますが、
それを目当てに来てきるわけでもなさそうです。

c0196076_13484364.jpg

抜刀術のデモンストレーションなんかもありました・・・

c0196076_12213937.jpg
神社の横のスーパーでは、
駐車場を閉鎖して休憩スペースにされています。 

近くに大きな駐車場がないからか、
電車やバスで見物に来る人がほとんどで、
昼間から酒を飲む人がやたらに多かったですね。 

天気もよくて、ゆるーい空気が流れています。 

何度も言いますが、
この祭りの田縣神社での見所は午後3時半からです。 

なのに、午前中からとくになにがあるでもない境内に
これだけ多くの見物客が参集するというのは、
よっぽどこの祭りの魅力といいますか、
吸引力が強いということでしょうね。

c0196076_12241145.jpg

午前11時過ぎ、厄男による献餅行列が田縣神社に到着。 

お祓いを受けます。 

が、午前中にこの場所で行われる数少ない神事であるにもかかわらず、
多くの参拝客は一顧だにしません。 

ホントに彼らは、何を見に集まっているのでしょうか・・・? 

困惑してしまいます。

c0196076_11303236.jpg

境内のいたるところに「珍宝」がフィーチャーされています。

c0196076_10331534.jpg

信者から寄贈されたさまざまな奇岩・・・

地面スレスレにカメラを構えて、
呷るようにこのオブジェを撮影しているおっちゃんカメラマンがいました。 


「なにもそこまでして撮るようなもんでも・・・」

 
と思わずにいられない力みあがった姿勢がおかしかったです(笑)

(・・・って、僕もひとのこといえないですね)

c0196076_225019.jpg

ほかにも、賽銭を入れると「チーン」と音が鳴る
「珍宝窟」なるものもあるのですが、
これは行列ができていて、撮ることができませんでした(苦笑)

c0196076_9513534.jpg

c0196076_95592.jpg

鈴も、もちろん「珍宝」です(笑)

c0196076_8522989.jpg

c0196076_13351319.jpg

大人気の田縣神社をひととおり見終わって、
お旅所の神明社へ移動します。

拝殿のまえに神輿が三基。

中央は田縣神社の御祭神、御歳神(ミトシノカミ)。 

素戔嗚尊(スサノオノミコオ)の孫で、大歳神(オオトシノカミ)の子。

農業をつかさどる神様で五穀豊穣の守護神だそうです。 

人形(マネキン)が載っています。

c0196076_133046100.jpg

拝殿に身かって右側には玉姫命(タマヒメノミコト)。 

こちらも田縣神社の御祭神で、
のちに合祀されたものだそうです。 

尾張地方開拓の祖神である大荒田命(オオアラタノミコト)の王女で、
尾張氏の健稲種命(タケイナダネノミコト)の妃にあたります。

c0196076_1158025.jpg

左が本日の主役(?)直径六〇センチ、長さ二メートルの「大男茎形」。

毎年この祭りのために、
木曾檜の丸太に決まった日に鉈入れされ、彫りだされたものです。

c0196076_1354944.jpg

拝殿には、5本のこけしのようなものが・・・

さあ! いよいよはじまります!

つづく・・・
by dendoroubik | 2012-03-17 00:00 | ◆尾張の祭 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/17670932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anny at 2012-03-17 01:25 x
買う買う!絶対買います~~~う!!一気に5本咥えとか!
Commented by dendoroubik at 2012-03-17 08:39
☆annyさん
 
そういえば キューブリックの 「時計じかけのオレンジ」 にこんなキャンディーが出てきてましたねw
映画を見たとき (高校生でした)
「こんなのどこで売ってるんやろ?!」
と思ったものですが ここで売ってたんですね^-^
Commented by nochi423 at 2012-03-18 00:05
私も買います!
お土産に配ったら大ウケします、間違いなく。

実はこのシリーズ楽しみにしてます。えへ!
Commented by dendoroubik at 2012-03-18 00:43
☆ノチさん

このお祭りは いろんな本やブログ 海外メディアなんかにも取りあげてるみたいですねw
扱いは この記事(第1部)のように からかい半分^_^;
運営側も ちょっとそれに乗っかってるようなフシ がなくもないように思えました…

でも このお祭り…とても いいお祭りだと思いました^O^
第2部では その良さを伝えたいと思うのですが…崩壊寸前のPCが なかなかフルサイズの画像に反応してくれません(>_<)
Commented by kenji at 2012-03-19 20:54 x
どの写真もド迫力ですね~
Commented by dendoroubik at 2012-03-19 23:52
☆kenjiさん

お久しぶりです!
神社側の解説によると 「これを見て奮起して欲しい」とのことでしたが
こんなものを見て奮起する人がいるのかどうか^-^;
でも とても楽しい祭りではありましたw