「ほっ」と。キャンペーン

勝山左義長まつり2 ふれ太鼓

c0196076_0473836.jpg

「勝山左義長まつり」は毎年2月の最終土日、
2日間にわたっておこなわれます。

初日の午後1時。
「ふれ太鼓」と呼ばれる一番太鼓の音が響きわたると、
12基ある各町の櫓で一斉に左義長囃子がはじまります。

昔は 郡町(現上袋田)が「ふれ太鼓」を務めていたそうですが、
開催日が土日に変更されてからは、
各町の持ち回りでおこなわれるようになったとのことです。

今年「ふれ太鼓」を務めたのは上後地区・・・




c0196076_16224325.jpg

勝山市街にたどり着くと、
町じゅうに張り巡らされたカラフルな短冊が出迎えてくれます。

すっきりとしない曇天でしたが、
この色彩が祭り気分を盛りあげてくれます。
 

左義長の先に取りつける短冊が変化したものでしょうか・・・? 


リトアニアの国旗みたいなものや、
トリコロールカラーなんかもあります。 

それにしても、左義長の短冊が
こんなに取りつけられているのは、はじめてみました。
町じゅう いたるところに取りつけられています・・・

たいへんな手間でしょうね・・・

c0196076_16105212.jpg

どうしてこの時期に左義長? 

・・・と不思議に思っていたら、旧暦のときはほかの地方と同じく
1月14、15日におこなわれていたのですが、
新暦になってからは2月14、15日におこなわれるようになり、
さらに雪がまだ多いという理由から10日遅らせて
24、25日に開催されるようになったそうです。
 
1987年には、観光的配慮と住民が休みをとりやすい
との理由から、2月の最終土日に変更されたとのこと。

c0196076_16331253.jpg

午後1時。

上後地区の櫓のうえで、
祭りのはじまりを告げる 「ふれ太鼓」がはじまります。 

枝のように細長いバチで叩かれる「ふれ太鼓」・・・

なぜかジーンときてしまいます。

c0196076_12133112.jpg

「ふれ太鼓」の音が鳴り止むと、
静まりかえった冷たい空気が一瞬 あたりを支配します。

三味線弾きの女性が、
おもむろにスローテンポで謡いだし、沈黙を破ります。

 
蝶よ 花よ 花よのねんね 
まだ乳飲むか 乳くびはなせ 乳くびはなせ・・・


c0196076_854354.jpg

女性のしっとりとした歌声から打って変わって、
保存会の方々による 
陽気で楽しげな左義長囃子がはじまります。

c0196076_9312650.jpg

伴奏は三味線と笛、鉦。

左が「地太鼓」といって、
細かくリズムを刻んでいく役割です。
 
おかめの面をつけて、
太鼓のうえにうしろ向きにすわっているのは「抑え子」。
太鼓があまり響かないようにしているんだそうです。

主役といっていい「大太鼓」(浮き打ち)。 
おどけた仕草で踊ったり、
地太鼓とからんだりしながら太鼓を叩きます。

大太鼓は次々に入れ替わっていくのですが、
叩き方だけでなく、仕草や踊りまで多様なのがおもしろい。

c0196076_1656773.jpg

勝山左義長では、太鼓を「叩く」ことを「浮く」というそうです。 

おそらく、ただ叩くことだけをいうのではなく、
浮かれて踊るさまや、
楽しげな雰囲気を醸すことも含めて「浮く」というのでしょうね。

c0196076_16495956.jpg

また、この祭りは、演じている者だけでなく、
見ている者も楽しくなる・・・「浮く」祭りだともいわれます。

たしかに、こんな笑顔炸裂の「浮き打ち」を見ていて、
楽しくなるなといわれても無理というものですね(笑


そら浮け もっと浮け~

横丁のはにゃめは よう浮く よう浮く~

となりのどんぶりバチゃ よう浮く よう浮く~

おかめ ひょっとこ よう浮く よう浮く~


c0196076_16173257.jpg

c0196076_16521867.jpg

c0196076_1705313.jpg

c0196076_171913.jpg


かわいや かわいや 浮いた 浮いた 浮いた 浮いた~

by dendoroubik | 2012-03-01 12:00 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/17555571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nochi423 at 2012-03-01 19:54
楽しそう!一枚目の写真はこっち向いてーと頼まれたのですか?

しっとり厳粛なお祭りもいいけど、やっぱりお調子者全開で楽しみたい!
気分はもう春、私もイベントの事で頭がいっぱいです^^♪
Commented by dendoroubik at 2012-03-01 20:39
☆ノチさん

ズバリ 楽しいです!

トップの写真は 記念写真ではなく演技の1コマなんです
(・・・なので手ブレ&露出オーバー^-^;)
櫓のうえで 皆さん こんな風に惜しげもなく笑顔を振りまいてくれるんです
これだけの笑顔光線を浴びると 自然とこちらまで「浮いて」きます
そんな祭りですw

これから春の祭りやイベント・・・待ち遠しいですね!
Commented by tora003 at 2012-03-01 22:19 x
はじめましてtora003です
いい場面を切り撮ってみえますね、お見事です
私も日曜日に上長渕櫓の前でしばらく見物しておりましたが寒くて早々に撤収してしまいました
過去のログ拝見しましたがdendoroubikさんの行動力には脱帽です
次回の更新を楽しみにしております


Commented by dendoroubik at 2012-03-01 23:51
☆tora003さん

コメントいただきまして ありがとうございます

櫓のうえの人物をタテに切り取りとって表情を浮かびあがらせる手法は tora003さんから借用させていただきました^-^;
自分の稚拙な技術では この祭りのすばらしさはとても表し切れませんが
撮った写真を見返しても楽しくなる祭りではありますね

滋賀は 東海にも北陸にも近畿にも境を接していますので 案外 出かけやすいロケーションにあるんですね
いろいろ出かけているようにみえて 実は近場をグルグル回っているだけなんです^-^;
九州から北海道まで縦横無尽・・・その都度 すばらしいショットをものされるtora003さんには とうていかないません・・・

今後とも よろしくお願いいたします