「ほっ」と。キャンペーン

勝山左義長まつり1 イントロ

c0196076_1202862.jpg
c0196076_12222172.jpg

福井市街から九頭龍川を遡ること約30キロ。
豪雪地帯としても知られる奥越、勝山の左義長まつり。

盆地特有の吹き降ろす寒風と、
断続的につづく吹雪のなか、
歯の根も合わないほどの寒さに震えながらの見物。

身体の芯まで凍りそう・・・
なのに、心のなかは暖かくなる すばらしい祭りでした。

軽妙極まりない「左義長囃子」がいつまでも耳から離れません・・・
by dendoroubik | 2012-02-28 11:04 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/17552107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nochi423 at 2012-02-27 20:27
いい写真!!
下から撮ると迫力増しますね。
御子様が主役のお祭りでしょうか?

寒さを感じさせない熱い雰囲気です。
Commented by dendoroubik at 2012-02-27 21:05
☆ノチさん

3メートルくらいの櫓のうえで演じられますので 自然と仰角に^-^
(高い脚立を持参して撮影されてる方もおられました)

本来は 成人男性が女物の赤い襦袢を着て演じていたものらしいのですが
現在では伝承を目的として 子供囃子が盛んで
どちらかといえば 子供の祭りのような印象さえ受けました
勝山の子供で この太鼓を叩けない子は いないそうですw

たぶん 現代風にアレンジされているものが多く
ちょっと YOSAKOIのような趣きもありました
Commented at 2012-03-10 00:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dendoroubik at 2012-03-10 11:13
☆鍵コメさん

ご覧いただきまして ありがとうございます!

詳細はメールさせていただきましたので そちらをご覧下さいませm(__)m