北野天満宮 追儺式4 狂言

c0196076_2215261.jpg

節分シリーズのラストは、北野天満宮神楽殿で
午後1時からおこなわれた 
茂山千五郎社中による「北野追儺狂言」奉納です。

天神さんの境内摂社、福部社の祭神、
福の神が深泥池から現れた鬼を諭して退散させるという創作もの。

福部社の祭神は道真の舎人、十川能福ですが、
その名から招福の神として崇敬されてきたそうです。 

節分に奉納される狂言として福の神が登場させられたのでしょうか。



c0196076_1251147.jpg

梅の枝を肩にかけた茶筅売りたちが 
北野天満宮の摂社、福部社に参拝にやってきます。

c0196076_23111178.jpg

どこか物見遊山の陽気な雰囲気をただよわせながら、ひとしきり謡がつづきます。

c0196076_22183320.jpg

c0196076_22252130.jpg

鉦、つづいてふくべを打ち鳴らしながらなおも謡がつづくなか・・・

c0196076_22301091.jpg

深泥池から現れたという鬼がわがもの顔に舞い始めます。

c0196076_2230369.jpg

うしろから、つと福部の神が現れます。 

ありがたい神様の思いもかけない登場に茶筅売りたちは平伏。 
福部の神に諭されて鬼もすっかり意気阻喪してしまいます。

c0196076_23121883.jpg

鬼が弱ったところで、茶筅売りたちは

「ここは鬼の来る所にあらず」 

・・・と謡いながら鬼に豆を投げつけます。

c0196076_2233181.jpg

這う這うの体で鬼は退散していきます・・・。

c0196076_2236031.jpg

つぎの舞妓さんたちの舞踊に備えて、大慌てで散らばった豆が掃除されます・・・。
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/17412724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2012-02-27 16:12
タイトル : 北野天満宮:菅原道真しのび梅花祭 芸舞妓らお点前披露
学問の神様、菅原道真をまつる北野天満宮で2月25日、梅の花の下で道真をしのぶ梅花祭があった。あいにくの小雨となったが、境内では野だても開かれ、京都最古の花街・上七軒の芸舞妓らがお点前を披露した。... more
Commented by nochi423 at 2012-02-08 22:35
衣装も小道具も精巧ですね!写すの楽しそうです。

雑誌に載っていそうな切り取り方にウットリ。。
Commented by dendoroubik at 2012-02-08 23:00
☆ノチさん

この狂言…登場人物の背中と柱とで ほとんど見えなかったんです(>_<)
なんとか視界に入ったシーンをあわてて撮っただけなのですが
そういったストレスなしで撮れたら 楽しいでしょうね!
Commented by anny at 2012-02-08 23:09 x
節分シリーズ、堪能させていただきました。
こういうイベントがTV放映されないと、節分は全国的に巻き寿司喰うだけの日になってしまう。
東京で暮らしていると、娘に伝統文化を直に伝える機会が無くて、本当に哀しい。辛い。
Commented by dendoroubik at 2012-02-09 22:51
☆annyさん

ほんの半日のことなのに
こうして写真を並べてみると改めて充実した時間だったことに気づきます
体力と気力があれば このあと吉田神社の行事も見ることができたのですが…

それにしても 京都の節分の催しものの多さは異様なほどですね(´Д`)
by dendoroubik | 2012-02-08 18:00 | ◆京の祭 | Trackback(1) | Comments(4)