米原曳山まつり 旭山

c0196076_22431362.jpg

北町の旭山組の演目は『鎌倉三代記 絹川村の場』

鎌倉時代・・・源頼朝亡きあと、
北条時政は、頼朝の遺児源頼家をないがしろにして
幕府の実権を握ろうと画策。 
御家人との抗争を繰り広げ、
ついに戦の火蓋は切って落とされます。




c0196076_22552738.jpg

ヒロイン・時姫は 鎌倉方の大将・北条時政の娘。 

敵の京方の大将・三浦之助を恋慕い、
彼の母を絹川村の閑居で看病しています。 
華麗な深紅の衣装は、敵方の大将を恋し、
そのために自分の父の殺害まで決意する
気の強さと情念を表しているのでしょうか・・・

「赤姫」とも呼ばれます。

c0196076_22515857.jpg
 
  されば風雅の歌人は  
  恋とや聞かん虫の音も   
  沢の蛙の声々も修羅の巷の戦い

・・・と戦場で負傷した三浦之助義村が
病気の母親のもとへ帰還します。 

時姫は駆け寄って介抱しますが、
母の長門は障子を閉め切って会おうとしません。 

武門に生まれながら戦場を離れるとは何事ぞ・・・と。

c0196076_22522312.jpg

わが身を恥じた三浦之助は戦場に戻ろうとしますが、 
時姫は彼を放そうとしません。 

三浦之助は
時姫が敵の娘ゆえに信用できぬと冷たい言葉。 
しかし、手負いの身ゆえか、一夜を明かすことにします。

c0196076_2255358.jpg
           
  思いは弱る後ろ髪

c0196076_22555252.jpg

c0196076_22561355.jpg

深夜、北条の使者、藤三郎を監視する富田六郎と、
藤三郎の妻・おくるが様子を見にやってきます。

c0196076_22575933.jpg

そこへ藤三郎が現れ、
時姫に父のもとへ帰るように迫ります。 
彼は時政から 

  「時姫を助けたら褒美に姫と夫婦にしてやる」 

といわれたのだと告げます。

時姫は怒って短刀で切りつけようとします。 
驚いた藤三郎は空井戸に飛び込みます。 

c0196076_22582916.jpg
           
  明日を限りの夫の命、
  疑われても添われいでも、思い極めた夫は一人

愛する男からは疑われ、 
父からも見放されたと感じた時姫は、
思い悩んだ末、自害しようとします。 
それを見た三浦之助は、
彼女が父を討つならば夫婦になると約束します。 
時姫は泣く泣く受け入れます。

  思案は如何にとせりかけられ、
  どちらが重いと軽いとも、
  恩と恋との義理詰めに、
  詞は涙もろともに

c0196076_22585258.jpg
          
  重ねて申し合わせし通り計略外れず

三浦之助の呼びかけに、
槍を持って井戸から現れたのは藤三郎。

c0196076_23125411.jpg

彼は、実は佐々木高綱。 

時政を討つには時姫を利用するしかないと、
三浦之助と示し合せて藤三郎になりすまし、
芝居を打っていたのです。

c0196076_2332928.jpg

「藤三郎」から「高綱」への早変わりも 
この芝居の見どころのひとつ。

c0196076_234363.jpg

c0196076_2311185.jpg

時姫が父を討つ決意をしたからには、
反撃の用意は万端整った・・・と喜ぶ三浦之助と高綱。 

(ここでは省略されていますが・・・
元本では、母・長門は時姫に実の親を討たせる申し訳に 
わざと彼女の手にかかって息絶えます。 
おくるも すでに亡くなっている夫
藤三郎の跡を追って自害します。)

c0196076_23155789.jpg

時姫は未練を捨てて父を討つ覚悟を固め、
高綱とともに時政のいる陣所へ、 
三浦之助も傷ついた身体を押して戦場へと、それぞれ赴きます・・・

c0196076_2319968.jpg

この段はここで終わりますが、
ちなみに物語のその後の展開は・・・

三浦之助は討死。 

時姫はいったんは父時政を討つと決心したものの果たせず自害。 

高綱は琉球へと逃れていくことになります。 

登場人物がすべて不幸な末路をたどる 
なんともやる瀬ない物語ですね・・・

c0196076_23193327.jpg

この物語はもともと、徳川家康の豊臣家攻略を、
北条氏が源氏や朝廷を圧倒した鎌倉時代に置き換えたもの。 
大敵に知略で挑む佐々木高綱には 
真田幸村が仮託されています。

c0196076_23214133.jpg

by dendoroubik | 2011-10-19 18:29 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/16989359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。