能登 名舟大祭 2

c0196076_22271823.jpg

七尾城を攻略した越後の上杉謙信は 
その余勢をかって奥能登平定に乗り出します。 

珠洲市の各集落を攻め落とした軍勢は名舟村を急襲。
 
村人たちは、農具で立ち向かおうとしますが、
しょせん子供と大人の争いのようなもの。 

窮した村人たちに 
古老がある詭計をさずけます。 

すなわち、樹皮で仮面をつくってかぶり 
頭髪に海草・・・という おどろおどろしい格好で、
太鼓を打ち鳴らしながら
上杉勢に夜襲をかける・・・というものでした。 

さしもの越後軍も 

「わ! わ! なんちゅう連中や!」 

とビビってしまったんでしょう・・・
戦いもせず退散したといいます。

c0196076_22124236.jpg

この逆転勝利は舳倉島の奥津姫神の御神威によるもの・・・
と、毎年、奥津姫神社の大祭では、
氏神への感謝を捧げる習わしとなったといいます。 

名高い「御陣乗太鼓」の起源です。





c0196076_2394592.jpg

奥津姫神社は、小高い丘の上に鎮座する神社。 

名舟漁港から国道249号をはさんで小さな広場
・・・その先に鳥居があり 
神社までの100段ばかりの急な石段がつづいています。 

石段脇から神社へは
ヘアピンの坂道もついており、
キリコはこの坂を登っていきます。

c0196076_2217329.jpg

5本のキリコが頂上の神社、拝殿まえに勢ぞろい。 

神輿の渡御を待つあいだ、
鉦、太鼓、笛のお囃子が奏せられます。 
ここがキリコのいちばんの盛りあげどころ。 

予定時刻を過ぎても 
「もう一回! もう一回!」 
とお囃子が延々つづきます。

c0196076_2222677.jpg

キリコに前後を照らされながら、
神輿が麓へ降りてきます。 
そのまま港に立つ鳥居まえの舟へ載せられ、海上渡御・・・。

c0196076_22262754.jpg

舟のうえで神事が執り行われ、
遥か沖合いの舳倉島から奥津比咩の神霊をお迎えします。

c0196076_22331153.jpg

これが終わると、石段脇の舞台で 
「御陣乗太鼓」の奉納がはじまります。

c0196076_224853100.jpg

c0196076_0132119.jpg

まずは子供組の奉納。

鬼面をかぶり海藻の髪を振りまわし、
狂ったように太鼓を叩いて
越後の軍勢を撃退した伝説にちなんで、
子供組も鬼気迫る装束です。 

ただ、ミエを切るときの雄たけびは やはり可愛らしい。
 
おそらく、集落の人々にとって、
ほとんどの子供たちが顔見知りなんでしょう・・・
仮面をかぶっていても

「××ちゃん、ガンバってる!」「○○ちゃんや!」 

と声があがります。

c0196076_22401170.jpg

面は・・・夜叉面・女幽霊面(2種)・
男幽霊面(2種)・爺面(2種)・達磨の5(8)種。

c0196076_2303862.jpg

名舟町は 世帯数約70戸、人口200数十人という小さな町。

御陣乗太鼓は
この町で生まれた子供たちだけにしか伝承されないといいます。

c0196076_2341041.jpg

いよいよ、大人の御陣乗太鼓がはじまります。 

演奏のあいまの雄たけび
・・・というかミエを切るところは、
上杉軍を震撼させた詭計の残響でしょうか・・・

子供組では 可愛いらしく聞こえた声も、
大人組のそれは やはり迫力があります。
 
こんなものが 突然 闇のなかから現れたら、
越後軍でなくても腰を抜かしてしまいます(笑)

c0196076_203464.jpg

すぐ目のまえの日本海に向かって放たれる雄たけび・・・
怒りと悲しみと苦悩に満ちた、
身もだえるような仕草・・・
そして、狂ったように打ち鳴らされる太鼓の音・・・・

c0196076_22105270.jpg

c0196076_2355230.jpg

太鼓のリズムは徐々に早まっていき・・・
いわゆる序・破・急の三段で打ちが
何度も繰り返されます。 
舞台での打ち手も何度も立代わり、
やが最高潮に達した太鼓の律動に合せて全員が登場・・・

狂ったように暴れまわってクライマックスに達します。
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/16681882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うずら at 2011-08-03 22:26 x
能登の祭りって、サスペンスドラマでも時々出てきますよね。
夜の海辺で、御陣乗太鼓。
なんか、幻想的で、勇壮な感じが面白いです。
それにしても、「キリコ」って文字を読む度に、
キレイなお姉さんを連想してしまう私。
やっぱり、一度はホンモノを見ないと・・・
Commented by dendoroubik at 2011-08-04 09:21
☆うずらさん

キリコといえば 漫画家か画家の名前しか浮かばなかったのですが^_^;
この夏は ふたつもキリコ祭を見てしまいました(^O^)
御陣乗太鼓は サスペンスドラマにうってつけの題材ですね
なにやらいわくありげで おどろおどろしくて…

ちなみに 僕の本名は 土曜サスペンスに出てくる 京都府警の警部と同じ名前です^-^
祖父は 京都で刑事をしてましたが…関係はありません^_^;
Commented by うずら at 2011-08-04 22:59 x
あらっ、あの、山村美沙さんの原作に出てくる警部ですか?
京都の事件では、いろいろ活躍しはりますよね~

なんか、身近に感じますね!
Commented by dendoroubik at 2011-08-04 23:17
☆うずらさん

そうです
数々の難事件を解決してきたあの警部です!

あ・・・なにか 僕が解決したような気になってきました^-^;
by dendoroubik | 2011-08-03 19:08 | ◆能登の祭 | Trackback | Comments(4)