京都 美山町田歌の祇園祭 「田歌の神楽」 2

c0196076_11584285.jpg
c0196076_1273113.jpg




c0196076_1210817.jpg

























c0196076_1211177.jpg

























当番宿から神社までの道中、
髯奴たちは何度か奴振りを披露してくれます。

c0196076_2274969.jpg

「ヤトーセー、ヤトーセー」 というかけ声とともに、
3人が屈んだ格好から身体を回転させながら立ちあがります。
白塗りに髯モジャの顔を滑稽にゆがめるさまは、
思わず笑いを誘います。
最後にそろってお尻を突き出す仕草もキュート(笑)

c0196076_2283725.jpg

この道中の奴振りだけでも、かなり見応えがあります。

c0196076_221069.jpg

この奴振りの仕草は、いったい何を表現しているのでしょうか・・・?

c0196076_22105493.jpg

奴の毛むくじゃらのメイク・・・
「剃っても剃っても、すぐはえるー」という警句を考えあわせると、
あるいは自然エネルギーの横溢を表しているようにも感じます。
(毛や髯は、成長のメタファーになることが多いですね)  
3人はぞれぞれ草(第一番)蕾(第二番)花(第三番)と呼ばれます。 
奴振りの仕草は、植物が急速に成長するさまを
表しているのではないかな・・・と思います。

c0196076_2211285.jpg

五穀豊穣を祈願しておこなわれる祭り・・・

c0196076_22114622.jpg

道中を終えると、神事のあと、いよいよ神楽がはじまります・・・
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/16621780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆーみ at 2011-07-20 21:11 x
京都にあるんですか、すっごいですね。むかしからの伝統の。ですね。(ノ゚ο゚)ノ
Commented by dendoroubik at 2011-07-20 22:00
☆ゆーみさん

はじめまして^-^
ご訪問いただきまして ありがとうございます

京都・・・といっても 市街地からかなり北へ行った山奥ですが
不思議で ゆかいなお祭でしたw
志村けんさんの 「アイーン」 の元祖かな・・・?
と 思うような所作が楽しかったです^-^
Commented by うずら at 2011-07-21 22:55 x
なんか、夢に出てきそう・・・
ふとももにも、ヒゲ?ムダ毛?描いてあるんですよね?
というか、そのキュートな下半身が気になって・・・

剃っても剃ってもすぐ生えるって・・・

奴ぶりって、どこでも、なんか、可笑しいですよね。
Commented by dendoroubik at 2011-07-22 15:59
☆うずらさん

奴振り…って 全国各地にあるそうですが
いったいどういう経緯で伝承されたのか
わからないことが多いらしいですね
滋賀にもいっぱいありますけど
いっぱいあるってことは 当時の人々のハートをキャッチした…ってことでしょうけど
いまとなっては どこに魅力やおかしみを感じてたのかわからないことが多いですね
なんで毛むくじゃら?…とか^_^;
まさに 夢にみそうな顔(>_<)
by dendoroubik | 2011-07-20 00:00 | ◆丹波の祭 | Trackback | Comments(4)