祇園祭2011 山鉾建て

c0196076_11322838.jpg

7月1日にはTVで必ず、山鉾建てがはじまった・・・というニュースが流れ 

「ああ。夏やな」

と思います。

宵山までジトジト雨が降りつづき、
不思議と巡行の17日にはカラっと晴れる・・・
というイメージがありますね。

じっさい、去年の関西の梅雨明けは17日でした。

12日には「曳き初め」のニュースが流れます。

地方のお祭では、曳き手はもちろん、
曳山のうえに女性が載るのもOKなところが多いですが、
祇園祭はいまだに女人禁制。
 
ただ、この曳き初めのときだけは女性も曳くことができる・・・
というニュースも毎年・・・もう、何十回聞いたことでしょう(笑)

c0196076_10531224.jpg

ネジ・くぎを一切使わず、荒縄で木材を固定していく
「縄がらみ」 という伝統技法を用いて鉾の土台部分が組み立てられていきます。





c0196076_10542662.jpg
                総重量10トン以上を荒縄だけで支える・・・

c0196076_10571121.jpg

長刀鉾の20メートルを越える真木は、現在はクレーンで取りつけられますが・・・
クレーンのない時代は、どうやって取りつけられてたんでしょうか・・・?

c0196076_10504875.jpg

縄目も美しい・・・

巡行直後、解体されるまで長刀鉾は内部を見学させてもらえますが
・・・とても、不思議な空間でした・・・

c0196076_1058546.jpg
                17日・・・台風が来ないといいのですが・・・
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/16592793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2011-07-13 12:16 | ◇祇園祭 | Trackback | Comments(0)