甲西 ぼんのこへんのこ祭

c0196076_8261353.jpg
 
子供たちがはやしています。

  ぼんのこ へんのこ 作右衛門の ナスビやーい!

c0196076_16525112.jpg

東海道の美しい町並みが残る甲西町平松、松尾神社。
7月31日、「ぼんのこへんのこ祭」が行われました。





c0196076_2011416.jpg

火伏の祭、あるいは夏越し祓いの神事といわれています。

c0196076_20121575.jpg

600年ほど前にこの神社が2度全焼。
3度目に再建されたときに、
この祭りが始められたといわれます。

c0196076_17326.jpg

歌に出てくる「作右衛門」という人は、
2度目に神社を建てた人という説もあるそうですが・・・ 

c0196076_16565730.jpg

それにしては、「作右衛門のナスビやーい!」
・・・と、からかわれているようなのがよくわかりません(笑)

c0196076_8294010.jpg

境内社の三宝神社でお祓いが終わると、
直径3メートルほどの笹の葉と荒縄でつくられた
茅の輪のようなもの(「ぼんのこ」)を子供たちが担ぎ出し、
拝殿を3周してから町へ練りだします。

c0196076_20135590.jpg

「ぼんのこ」には、50センチほどの長さの木製の男根
(「へんのこ」数百年まえにつくられたものだそうです)と
串刺しにされた3ケのナスビ(作右衛門のナスビ?)、
それに御幣が取り付けられています。

大塚虹水氏の『続・滋賀の百祭』によると・・・

「ぼんのこは『煩悩の子』、へんのこは男根のことであり、
また『ひのこ=火の子』に通じる。
この男根を三宝荒神(かまどの神)に捧げ、
火難から守っていただくというもの」


とあります。

c0196076_20171299.jpg

うーん。

なんとなくわかったような・・・わからないような・・・

「へんのこ=へのこ=火の子」がまずあって、
対の「ぼんのこ」と、男根の比喩によく用いられるナスビが
あとから取り付けられた・・・ということでしょうか・・・?

c0196076_20164310.jpg

  ぼんのこ へんのこ
  作右衛門の ナスビやーい!

と歌いながら、町を練り歩いてゆきます。

c0196076_20294144.jpg

途中、川沿いの常夜灯下と食料品店、御旅所
・・・の三箇所で 「ぼんのこ」は降ろされ、玉串が捧げられます。

炎天下で1時間以上の練り歩きなので、
2番目の食料品店で、30分ほど休憩です。

お茶やジュース、子供たちにはアイスクリームなどが振舞われます。

僕も冷たいお茶と、ホットケーキのような焼き菓子を、
近所のおばあちゃんからいただきました。

ごちそうさまでした!

  「これ(菓子)は、ぼんのこへんのこのアレやさかい・・・」

ぼんのこへんのこのアレ・・・?

気になります。
ぼんのこへんのこの祭で食べる菓子・・・ということでしょうか・・・?

c0196076_1659935.jpg

江戸時代にこの祭を一時辞めたところ、
付近の十数軒が全焼したそうです。 
また、数十年まえに、都合で行えなかった年にも、火事があったのだとか・・・

c0196076_2030233.jpg

神社に帰ると、ふたたび拝殿のまわりを3周します。
 
  「おーい!ちゃんと3回まわったか?」
  「あと1回やったか?」
  「えーっ!3回まわったで!」
  「2回ちゃうかいな」

出発のときも、おなじような掛け合いがありました(笑)

誰も、何回まわったか、
正確に指摘できないゆる~い感じ、笑ってしまいます。

c0196076_2031852.jpg

へんのこなどが取り外されたぼんのこは、
八の字にひねられ、裏の藪に投げ入れられます。

c0196076_20312747.jpg

取り外されたへんのこも。
三宝神社へ、ポーイと無造作に投げ入れられます

数百年まえのへんのこ
・・・にしては、扱いが少し荒っぽいようにも思えます(笑)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/14877893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うずら at 2010-08-03 18:57 x
暑い中、お疲れ様でした~
ゆる~っ!っていう祭りですね。
これをやらないと火災がおこるかもしれないというお祭りなんや。
緑の稲、茅の輪をもつ子どもたちの風景が、めっちゃのどかですね。

で、茅の輪は、裏の藪に投げ入れておしまいですか?
へんのこ (なぜか書くのがはずかし・・・苦笑) も投げ入れられて、
おしまい、なんですか??
Commented by dendoroubik at 2010-08-03 22:28
☆うずらさん

実は ここで帰ったので そのあと どうなったかは知らないんですよ^^;
いろんな解説を読んでも
「ただ町を練り歩くだけ」の祭・・・とありますし
その場の雰囲気も
「さ! 片づけて帰ろ・・」
みたいな感じだったので おそらくこれでおしまいだったと思います^^

祭の意味も 時期も異なりますが
下阪本の「まいどこ神事」を彷彿とさせられました
ユーモラスな歌をうたいながら 旧街道を練り歩くとこが・・・
「まいどこ神事」も 練り歩いて・・・それで終わりでしたからね^^
節まわしも どことなく似ています・・・
Commented by senbei551 at 2013-07-30 11:23
うわっ!dendoroubikさん、この祭りも行っているのですか(笑) 近々開催されるので、どんな祭りか調べてまっさきに出てきたのが、ゲジデジ通信でした(笑
Commented by dendoroubik at 2013-07-30 16:08
☆せんべぇさん

のどかで とてもいい祭りですよ
・・・でも 大阪からわざわざ見に来るほどかといえば
あまり自信をもってオススメはできません^-^;

子供たちも
「なんでこんなカッコ悪いことせなアカンねん」的な空気出してますwww
ちゃんとした儀式に則っているみたいですが
ホントに合ってるのかわからない ゆる~い雰囲気も醸しています
この祭りが何百年もつづいてきたことが とても不思議です^-^;
by dendoroubik | 2010-08-01 22:30 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(4)