近江八幡 左義長まつり10年 その2 鳥居まえ

c0196076_714789.jpg

「チョーヤレ、チョーヤレ」の掛け声とともに、
昼過ぎ、左義長が日牟礼八幡宮に集まってきます。

鳥居と白雲館のあいだの道路で
「マッセ、マッセ」の掛け声で、左義長を回転させたり
「ケンカ」と呼ばれる左義長同士の組み合わせが行われたりします。




c0196076_721525.jpg

狭い場所で回転させるので、かなり迫力があります。

c0196076_724155.jpg

二基の左義長が回転を繰り返し
「ケンカ」が始まるのかな・・・と思っていたらなかったり・・・

c0196076_13372758.jpg

鳥居まえでひとしきり盛り上がった左義長は、
八幡堀を渡って、八幡宮へ入っていきます。

c0196076_74144.jpg

楼門まえで左義長がケンカを繰り広げているあいだ、
鳥居まえでは子供左義長の組み合わせが行われています。

c0196076_13375465.jpg

マッセ、マッセ。

c0196076_785767.jpg

大人の左義長さながらの真剣さです。

c0196076_712187.jpg

c0196076_7123337.jpg

午後4時頃、左義長が次々に引き上げてきます。

c0196076_714776.jpg

幾度かの組み合わせで、
山車もかなり破損しています。

夜のクライマックス「奉火」に向けて、
いったん各町内へ戻っていきます。

c0196076_13382183.jpg

トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/13956928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by biwahama at 2010-03-17 16:51
町内の法被姿も 色鮮やかですね。
でも私は昔の長襦袢に足袋姿が好きでした。とっても情緒があって。
けれど担ぐ町衆にとっては動きにくいものだったでしょう。
今は靴ですもんね。下駄だった時期は疲れたと思います。
忙しくても地元の祭りだけはやっぱり見ないと始まりません(笑)
八幡堀の橋から見える山車 これが撮りたかったのですが
時間がありませんでした。堀に写る赤い紙が映えています。
Commented by dendoroubik at 2010-03-17 20:25
☆biwahamaさん

襦袢と下駄の一団もいましたが 法被にスニーカーというのが多いのが 昔を知らない僕にも気になりました・・・
襦袢を着流して 女装する・・・なんて ふざけてるように感じたりもしますが 昔の方が そんな踊り子が多かったんですね・・・

だんだん 揃いの法被にスニーカー・・・というのが主流になってきて
なんだか 年を経るごとにまじめになってるなんて 逆のような^^;
不思議な祭りですね^^

天気もよくて
一日中いたんですが(笑)
飽きませんでした^^
by dendoroubik | 2010-03-16 07:27 | ◇近江八幡左義長まつり | Trackback | Comments(2)