京都 下鴨神社 みたらし祭

c0196076_102101.jpg

下鴨神社で、毎年土用の丑を挟んで4日間
「みたらし祭」足つけ神事が行われます。

御手洗池の中に足をひたせば、
罪、けがれを祓い、その1年、無病息災でいられるといいます。

200円を払って蝋燭を受け取り、
池に足をつけながら、灯明をお供えします。

最後に後御神水を頂きます。





c0196076_10275896.jpg

この神水は、この時期になると水量が増えるという
不思議な水で、御所と同じ水脈の井戸からとられているといわれます。

御手洗の池に入れるのは、もちろんこの時期だけです。

c0196076_19294526.jpg

c0196076_1125324.jpg

火を消さないように、そっと、そおっと・・・

c0196076_1143239.jpg

プールモードの男の子(笑)

c0196076_1154056.jpg

c0196076_19304033.jpg

c0196076_1178100.jpg

人形(ひとがた)。

c0196076_19301091.jpg

御神水を頂きます。
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/11971020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2009-07-19 11:10 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)