米原 坂田神明宮の蹴り奴振り

c0196076_226110.jpg

奴振り(やっこぶり)の魅力を何と表現すればいいのでしょう・・・

喩えるなら・・・球場で、はじめてホームスチールとか、
トリプルプレーとかを目の当たりにした衝撃・・・に近いでしょうか。

わけのわからないまま、何事かが起こっているという
高揚感だけがふいにやって来て、
後から言葉や解説でその高揚感を馴致する・・・みたいな・・・。

午後2時、坂田明神宮を出発します。

編み笠を被った奴たちが、掛け声と共に、左右に揺れ出します。
何が起こっているのか、一瞬、わかりません。
視界自体が揺れてる感じです。
よく見ると、足を左右に蹴り上げて、
のろのろと前進しているみたいです。

 「いやさ」
 「よいとまかせ」

と歌いながら、奴たちが蹴り奴を披露しながら、町を練り歩きます。





c0196076_812851.jpg

笙や横笛もたまに入るのですが、
掛け声以外は音がなく、むしろ静かに進んでいきます。
それがまた、神秘的なのです。

c0196076_22202887.jpg

このあたりで写真を撮っているとき、
地元の方から日本酒をすすめられました。
遠慮なくいただきます(笑)
喉がかわいていたので、うまかったー!

c0196076_22213665.jpg

c0196076_2222535.jpg

たて箱、大馬毛などを放り投げ合います。

c0196076_7415432.jpg

c0196076_822466.jpg

c0196076_823887.jpg

c0196076_2224585.jpg

c0196076_22253086.jpg

トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/11431956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goodroads at 2009-05-01 19:03
どうも(^^)ノ
村の鎮守様(神社)の祭り行列に一見、見えますが・・・・
装束が、平安調でもあり、江戸参勤交代調でもありますね~

このへんが、やはり都(京都)に近い影響を色濃く受けているのでしょうか・・・・

躍動感が伝わってきますよ!
Commented by dendoroubik at 2009-05-02 00:18
☆TOMさんへ
あんまり知識がないもので、ズバリお答えできないのですが・・・確かに参勤交代をモデルにしているようなことは、どこかで読んだ記憶があります。
「奴振り」というのが、日本でどこに分布しているのかは、更に知りませんが・・・滋賀ではここや、近江町の中仙道沿い・・・あと東海道に近い油日が有名です。
・・・もうちょっと、しっかり調べておきます^^;
by dendoroubik | 2009-04-29 22:25 | ◆近江の祭 湖北 | Trackback | Comments(2)