c0196076_22123986.jpg

最後は「小町踊り」です。


つづきはこちらから
c0196076_22391431.jpg

涼し気な揃いの浴衣にピンクのリボン。
「祇園まつり音頭」の白塗りの女の子たちは、鷺踊りの女の子にくらべると
インパクトに欠けると思われるかもしれませんが、なんの
こちらも夏の京のまちでやはり可愛さの異彩を放っています・・・



つづきはこちらから
c0196076_22020207.jpg

これも季節外れの夏の祭りからのお蔵出し・・・しかも2年まえ。

少しだけアップし、そのうちに現像しようと放置していたものです・・・



つづきはこちらから
c0196076_21481581.jpg

もう5ケ月のまえのことで、自分でも見返してピンとこないのですけれど
夏に富山石川を旅した初日に見た高岡の花火と七夕まつりです・・・


つづきはこちらから
c0196076_00530204.jpg

ユネスコの無形文化遺産に、山車が登場する日本の33の祭り
「山・鉾・屋台行事」が登録されることが正式に決定しました。
いずれもすでに国の重要無形民俗文化財に指定されていたものですが
たとえばそのひとつ「長浜曳山まつり」では登録を目前に控えた10月
「日本の祭り」というイベントとともに記念行事がおこなわれていたり
各地の祭りの担い手の方々には感慨ひとしおだったことでしょう。

「山・鉾・屋台行事」という括られ方をされていますけれど
それぞれが醸す風情は多種多様で、決してひと括りにはできないものです。
さらに付随する行事は多彩で、たとえばこの「古川祭」は
登録名自体がすでに「古川祭の起し太鼓・屋台行事」となっています。
同じ飛騨の「高山祭」にくらべると、知名度はいくぶん劣る「古川祭」ですが
「起し太鼓」は「高山祭」にはないもので(昔はあったそうです)
やっぱりこれがおもしろい!そして「起し太鼓」を急襲する「付け太鼓」!

「付け太鼓」が登録内容に含まれるのかは知りませんけれど
重要無形民俗文化財に指定されていない摂津和泉河内のだんじりや
播磨の屋台、能登のキリコその他のおもしろさと同様に、そのおもしろさは
教えてもらわなくても見物人たちがいちばんよく知っていることです。