c0196076_23041189.jpg

竹を円錐形に組んで立て、そこに松飾りや注連飾りを持ち寄って焼く
・・・多くの地域でおこなわれている、ありふれた左義長行事。

沖島のサンチョウ(左義長)をそんな風に思い込んで眺めていると
点火の仕方が一風かわっていて、意表をつかれてしまいました。
その奇妙さは、元服の儀式が加わっていることによります。

「左義長」と「元服」が同時におこなわれる行事が
他の地域でも見られるのかどうか、知りませんが
そういえば、どちらももともと小正月におこなわれるもの・・・


つづきはこちらから
c0196076_08291201.jpg

びわ湖の4つの島のうち(竹生島・多景(たけ)島・沖の白石)
もっとも面積が大きい沖島(周囲6.8km 1.51?)は
日本で唯一、淡水湖の島に人の住む「有人島」です。

300人以上が居住し、小学校や金融機関代わりの郵便局もあります。
この島で1月15日(に近い日曜日)おこなわれる
「沖島のサンチョウ(左義長)」という伝統行事を見せていただきました。


つづきはこちらから
c0196076_19043235.jpg

びわ湖に浮かぶ4つの島のうち
もっとも大きな「沖島」へ行ってきました。

日本で唯一、淡水湖の島に人の住む「有人島」です。

架橋されていないまったくの離島なので
120戸ほどの世帯が一隻以上の舟を所有していますが
島には自動車は走っていません。
まさかあるまいと思って出かけたら
さすがに滋賀県だけあってありました(笑)

c0196076_19200364.jpg

しかも(設置はされてませんでしたけれど)もう一体見つけましたよ(笑)

c0196076_17403906.jpg

全国に3500社あるというえびす神社の総本社
兵庫県西宮市「西宮神社」の十日えびすも
毎年3日間で100万人ほどの参拝者があるそうです。
比較的人出の少ない平日の「残り福」に出かけたのですが
それでも参拝者がひきもきらず賑わっていました。

「福男」を選ぶ「開門神事」のニュース映像で
必ず登場する赤門から・・・


つづきはこちらから
c0196076_05320740.jpg

毎年、3日間で100万人の参詣者で賑わう、今宮戎神社の「十日ゑびす」
「宵戎」恒例の「献行列」を見て、祭り仲間と新年会(?)の後
訪れた「福むすめ」さんたちによる「福笹授与」です・・・


つづきはこちらから